てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウィッカーマン』 他2作
今週の週末もだいたい映画みてすごしております。
まずは先週観れなかった残りから。

ウィッカーマン

2007年アメリカ映画。ニール・ラビュート監督。ニコラス・ケイジとか主演。
つまんなくはないですけど、ひどく「くだらない話」ではあると思います。そういう目的で映画を観てるわけではないですけれども、「観た後に何も残らない映画」です。

なんとなく、昨年度のゴールデンラズベリー賞(最低映画賞)に5部門ノミネートされたにも関わらず、1つも受賞しないという微妙なラインの映画というのも理解できましたし。本当につまんない映画(『バトルフィールドオブアース』とか)は、かなりダメージ残りますから…。

たぶん、観たこと自体来週には忘れてると思います。そういう意味で日記って大事かも。

ボラット

2006年アメリカ映画。ラリー・チャールズ監督。サシャ・バロン・コーエン主演。
カザフスタン人ジャーナリストであるボラット氏(演じてる人はユダヤ系イギリス人のコメディアン)が、アメリカに来てその文化を学ぶというドキュメンタリー風コメディ。根本的にボラットのカッペ振りとアメリカ文化のギャップがネタとなる「クロコダイル某」みたいなお話ですけども。

そもそもカザフスタンの描写が比較にならない程きっつい(超男尊女卑の社会で、男が妻の引く大八車に乗って移動しているとか。ボラットの妹のはカザフスタンでベスト4に入る娼婦で、それを誇りにしてるとか。母親はカザフスタン最高齢の女性(43歳)とか。反ユダヤ主義的思想が定着していて、定期的に行なわれる「ユダヤ人走り」というイベントは、巨大なユダヤ人の人形が村人を追い回し、「メスのユダヤ人」の方が生む「ユダヤ人の卵」を子供たちがフルボッコにして終わるとか。)ので面白い。

『サウスパーク』とか観て笑える人にはオススメです。逆に『サウスパーク』観て引く人にはオススメしません。ていうか「ユダヤ人いじり」っていうのはユダヤ系のコメディアンにだけ許された特権なんですよね。うらやましい。

ファイナルファンタジーXI アルタナの神兵

今更ながら、新ディスク『アルタナの神兵』買ってやってます。なにげに新しく入った集団戦闘「カンパニエ」が好い感じじゃあないですか。ソロでフィールド探検しつつ、時々発生する防衛戦に参加してるだけでそれなりに経験値とかもらえるし。これまでみたいにパーティ組むまでに数時間かけたり、地雷パーティで経験値ロストしたりするより、これやってたほうが全然楽しいじゃんか。

というか、これまでがあまりにも「パーティプレイ推奨」すぎて、「友達がいないやつは遊ぶな。クリックゲーでもしこしこやってやがれ」って開発姿勢だったのに対して、ようやく「ソロ(一人)で遊ぶこと」に対して寛容になってきた気がします。ミッション(物語の主軸となる一連のクエスト)も全然難しくないし。なにより、新しく追加されたフィールドに「敵がほとんどいない」のは非常に好いこと。

本来のゲームの目的が「冒険」であったのに対し、冒険すべきフィールドには到底数人では勝てないような強い敵が存在する>それを倒すためにレベル上げが必要>プレイ時間の99%がレベル上げになる>目的が「レベル上げ」に摩り替る。って点が『FF11』が最も失敗していた部分だと思います。その点、「新フィールドから敵をなくす」というのは、ある意味末期的な対処方法ではあっても、自分みたいに「いつかこの世界をちゃんと冒険してみたいな」と思ってたプレイヤーにとってはうれしいことです。

改めて見ても、ここまでフィールドを作りこんでるゲームは他に存在しないですわ。せっかくのその世界を「ゲーム性や難易度を保つため」って理由だけで、ほとんどのユーザーに見せもせずに終わらせるっていうのはあまりにも勿体ない。本当、デザイナーさん涙目。
スポンサーサイト
『ステルス』 他二作
今日はずっと家で映画観てました。

ステルス

2005年アメリカ。ロブ・コーエン監督。
テレビで今みてるとこ。なんか『マクロスプラス』みたいな話で、オチも同じなんだろーなーとか思ってたら後半過ぎた頃から結構神な展開に吃驚。でも、無人戦闘機よりも、それに負けない主人公よりも、たった一人で北朝鮮軍とやりあってるヒロインが最強な件に吃驚。ランボーかあんた!?

ゴッドファーザー part1

1972年アメリカ。フランシス・フォード・コッポラ監督。
昨日ニコニコ動画で観た「すばらしき映画の悪役たち」っていう動画が面白かったのと、最近DVDになったので借りやすくなった(ビデオ2本とか持って帰れません。)ので観ました。ほんとにお父っつぁんのするお話はリアルでためになるお話ばかりですばらしいです。

ダイハード 4.0

2007年アメリカ。ジョン・マクレーン主役。
面白い。面白いです。大事なことなので二回言いましたが、面白いです。なんで面白いのか、昨日から観てた映画と比較してみました。わかりやすいから。わかりやすいからですよ。ちゃんとあるべき部分にあるべき物語と描写とBGMがあって、まるでお手本のようなアクション映画です。その基本ができてる映画って意外と多くないと思いますよ。

ウィッカーマン

2006年アメリカ。ニール・ラビュート監督。
どうしよう。借りてきたんだけどもう観る時間ない。
でも、今ちょうど見終わった『ステルス』面白かったなぁ。

風呂はいって寝よう。
『クローバーフィールド』 面白酔ゐ
昨夜24:00頃の山手線の混雑はやばかった。あんな惨状は流石に初めて。PSPやってたので苦ではなかったけど。そんなうちのオトモ猫の名前は「グラハム」と「ビリー」。

そんでもって今日はワーナーマイカルシネマズ板橋に買い物がてら映画みてきました。

クローバーフィールド

去年アメリカで映画観たときに、その予告編で観て気になってて、それで帰国してから調べても全然情報がなくって。後で知ったことには、ちょうどその時期だけ上映館限定でチョイ見せしてた映像だったらしいです。ただ、それ以上の前情報とか全然なしに今回観てきたところ…。

久々にドッと手汗かく程おもしろい!

ある程度の情報は既にどこにでも書いてあることだけど、やっぱり前情報なしに観たほうが圧倒的に楽しめる映画なので、ネタバレせずにこの面白さを伝えるのは本当に難しいんですけども。なんていうか、小難しいタイトルとちょっとサスペンス映画気取ったオサレ宣伝で損してますけど、何も考えずに楽しむタイプの「ド直球」のエンタメ作品です。

かといって、一から十まで手取り足取りその「楽しみ方」や「笑いどころ」を丁寧に説明してくれる昨今のハリウッド映画みたいな感じではないので、そういうマニュアル映画の観方をしちゃうと「意味がわからない映画」になってしまう点では、万人向けという意味でのエンタメではないです。

また、この映画をどう観るかで、その人の「映画の観方」がよくわかるパッチテストになるので、是非観た人にはその感想を聞きたいところ。別にツマンネと思っても、何故つまらないのかが非常に興味深いところです。とりあえず、ホラー・SF・怪獣映画好きを自称する方には絶対観てもらいたい。

ただし、手法が要するに『ブレアウィッチプロジェクト』と同じなので、非常に酔います。自分もまだ頭がぐわらんぐわらんしてるんですが、ただそれと映画の面白さは別です。(そう思うか思わないかでも、映画の観方ってちがうんだよなあ…。少なくとも『ブレアウィッチ』を映画館で観た時には、「酔うからつまらない」っていうふうに考えてました…。後で見返したら『ブレアウィッチ』もそこそこ面白い。)

ちゃんとした自分の感想はDVDでもっかい観てから書こうと思います。ネタバレもしたくないし。一つだけ言うとすれば、ホラー映画好きの自分にとっても、そんじょそこらのホラー映画なんか比較になんないくらい「怖かった」のは確か。「怖くねえホラー映画なんかホラー映画じゃねえ」というのは持論ですが、別にホラー映画じゃないんだよねコレ…。それで、またその「怖さの質」がまたクラシックかつ「ド直球」で好かったです。

言うなれば、「ものすごい怖い"ドリフのおばけコント"」ですね。
『ピザハット』 ギアス箱
晩御飯にピザとりました。もちろんギアス箱で。

2008041202.jpg

前にモンハン箱で頼んだ時、思いっきりふつうの箱で届けられてへこんだ記憶があるので、今度は間違えないよう、オンラインオーダーのメモ欄に「コードギアスの箱でお願いします!(核爆)」って冗談で書いて遊んでました。そしたら、後でそのメモ消すの忘れてそのまま送っちゃったのに気づき、少しだけブルーに。

2008041201.jpg

箱の中身はこんな感じでした。なんか、最近出た「女王様風」みたいな名前のピザの生地を選んだんですが、要は耳の部分にウインナーとチーズが入ってるだけでした。ものすごくケチャップとコーラが合う味です。イタリア人が食べたら怒り狂いそうな、そういう味。でも、それはそれで好き。

で、ギアス本編のほうは、今回はどもみんなギアス使いでかつロボット乗りみたいなかんじでした。みんなニュータイプでモビルスーツ乗りな『ZZガンダム』みたいな流れにはなってほしくないなーと思いつつも、そういう流れが今の視聴者のニーズなんだろうなーというのもわかるので複雑。

『ガンダムOO』の後編で、さじくん(なぜか変換できない)が主人公で「OOガンダム」にのるんだー!っていう世間の期待が大きい判明、引き続きさじくんは地味な脇役でありつづけてほしいという自身の期待があるのもソレに似た純情な感情のからまわり。

あのさじくんがなったみたいな、コロニー建設がはじまったばかりの時期の「宇宙土方」の人たちって、『機動戦士ガンダムUC』にも描かれてるみたいに、別の意味でたいへんそうで面白そうだから。無重力で空気もないような中で、ネジが一本足らないとか、弁当が人数分届いてないとかそういうことで四苦八苦するの。
『XLink kai』 しくみは謎です
池袋の目医者にコンタクトレンズを買いにいったところ、なんか目の奥に傷っぽいものがあるらしく、網膜剥離の可能性があるので眼底検査をするとかしないとかになりました。網膜剥離なんてボクシング漫画における引退or失明フラグのためにある架空の病気だと思ってたんですが、本当にあるんですね。

それにしても、失明とかするとゲームができなくなるので困ります。せめて、もうちょっと電脳化が進んで、脳に直接D端子差し込んで、映像を投影できるようになってからにしてほしい。ていうか、その技術ってもう結構実用化されてるっぽいので、ちょっと楽しみ。

んで、なんか世界が明るくなる目薬をさして、なんか30分間待たないといけないらしく、暇だからPSPをやろうとしたら看護士さんに止められた。ちょ、30分間も何もしないでなんていられないよ!だってぼくらは心にELDORADO求める旅人でありたい。

でもまぁ、30分たって検査したところ、「今のところだいじょうぶ」という微妙に歯切れの悪いこといわれたので、じゃあコンタクトつけて平気ですか?あとPSPやって平気ですか?って確認だけとって即待合室でリオレイア狩りに行きましたとさ。



----

XLink Kai

なんでも、これを使うと家にいながらPSPのソフトで世界中のみんなと遊べるとかそういう話を聴いたので、無線LANアダプタを買ってきてセッティングしてみました。正直、セッティングが結構ややこしいので、色々調べるハメになりましたが、この「猫でもわかるXLink-kai」ってサイトが一番わかりやすく説明されてました。

んで、設定が終わっても、説明書きがほとんど英語なので、しくみが謎です。んでもまぁ、できるんならいいっしょ?って感じでつないでみると、本当に知らない人がいっぱい遊んでおるおる。イメージ的にはMSNメッセで特定のチャットルームを作って、そこがそのままPSPのゲームロビーになるような感じです。全然イメージ的な説明になってないね。

ただ、ここまで来て気づいたことに、PSPってキーボードついてないんだよね…。挨拶もなしに、いきなり他人のパーティに参加するのはまだまだ抵抗があるというか、年寄りだってことなんでしょうか。最近の若者はもっと奔放で積極的なんでしょうか。

でも、チャットが目的なら、ふつうのオンラインゲームやればいいだけの話だよな…と割り切る。とりあえず知ってる友達同士で遊ぶ分には(さらにスカイプとかボイスチャット使うって言うなら)、かなーり便利な環境だと思います。予算も無線LANアダプタの2,000円しかかからなかったし。駅前のマックで小中学生にまざるよりはましだと思います。
『MHP2G』 マックに溜まる子供達
なんかここんとこ死ぬほど忙しかったにも関わらず、いろいろ書くことがたくさんあったような気がするですが、なんていうか要するに思い出すのと書くのがめんどくさいので、とりあえず春からはじまったアニメのお話でも。

『サウスパーク』

のシーズン12がはじまったみたいですが、ニコニコ動画からは過去の作品も含めて全部消されてました。ということは、国内の権利者が動いたということなので、国内での放送が再開される?とか。是非、声優は昔のままでお願いいたします。

『ドルアーガの塔』

なんか、普通にそういう仕掛けがあることを全く知らないで「表」のほうを観てたので、なんだろうこの90年代のテレ東でやってたようなベタな勇者モノは。ネタなんだろうけど、それにしては笑えないなー、と普通に思ってしまったのですが、なんかまわりのひとが面白いというのでしばらく観てみます。

『マクロスF』

なんか、過去の『マクロス』シリーズのいくつかって、代々木アニ○ーション学園が全力で応援してたせいで(なんか宗教団体が裏についてるアニメみたいで)、作品の良し悪しに関わらず好きになりきれなかったんですが、最近はその背後霊が滅んだこともあり、健全です。あとロボットがかっこいいので観ます。

『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』

あれ?なんかCLAMPちゃんと仕事してね?ていうかやはり話のつかみがほんとうまいですね。面白そうというか、もう既に面白いので観ます。あと今日ヨドバシでランスロットの超合金のおもちゃが売ってたんですが、なんか立体化すると映えないですよのこのメカ。

と、いうような「新期アニメ視聴報告」をみんながブログとかでするようになったことを考えると、やっぱりアニメも「情報共有ツール」って役割が非常に大きくなってるんですね。昔は、アニメなんて部屋に引篭もって一人でしこしこ観るものだったんですのに。いつの間にか「みんなで観て、情報を共有することを楽しむ」目的が強くなってます。当然、作るほうもそれに併せてきてますしね。

ゲームだってそうです。そんな中、「情報共有ツール」としての機能を最大限にウリにして成功したタイトルが『ポケットモンスター』だったと思うんですが、最近では違うモンスターなわけです。

『モンスターハンターポータブル2G(MHP2G)』

なんか、平日の朝っぱらから駅前のマックに行くと、ものすごい数の小中学生がたむろってコレやってるんですわ。ちょ、おまいら学校はどうした?と思った矢先、自分が今の中学生だったら全くおんなじことしてるわと。人生には学校なんかより大事なものがあると誰かが言ってたし、もうたちどまれないよぼくらは夢をおいかける狩人だし。

とりあえず、自分は電車の中でしかプレイしてませんが、ようやくクシャルダオラあたりまでいきました。ていうかダイミョウザザミを50匹ぐらい狩ってもゲームが先に進まねーなおかしーなと思ってたら、そういうゲームじゃないことに気づいたのが発売からしばらく後です。

で、このゲームに限ったことじゃないですが、情報共有ツールとして優秀なゲームって必ずといっていいほど「○○使い」っていう「プロフィール」を持てることが言えますよね。『ストII』で言ったら「俺、バイソン使い」、『ドラクエ3』で言ったら「俺、ゆうしゃせんしぶとうかそうりょ」みたいな感じ。とりあえず、他人とゲームの話をするにあたって、

①「へー、○○プレイしてんだ?」
②「何使ってるの?」
③「俺は○○使い!」

ってな具合に話がつなげやすいゲームって、やっぱりヒットしてるというか、「世間一般的に受け入れられやすい」ゲームになっていると思います。つまり、『MHP2G』に使い切れないほどの武器種があるのも、『ポケモン』が500匹以上いるのも、単にゲームを長く遊んでもらうためだけの目的じゃないってことです。

それはそうと、『機動戦士ガンダム ガンダムVSガンダム』をずっとやってますが、未だに『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』の「ガンダムNT-1」と「ザク改」を使っている人を見たことがありません。うそだといってよバーニィ。


プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。