てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『2011年』 直感的に好きな映画 ベスト10
今年は仕事の方が殺人的に忙しかったのと、普通にゲームの方が当たり年過ぎたので、映画の方はあんま観れんかったような気がします。感想を書いた作品だけでもホント少なくなったけど、そこはTwitterで済ませられるようになった点が大きいかも。でも、こうやってベスト10を出してみると、映画も相当な当たり年だったですね。

そんなわけで、“自分が直感的に好かった映画”のベスト10発表になります。

直感的っていうのは、要するにロジックで考えた面白さではなく、“観た時にどれだけ心が震わされたか”ってことです。ぶっちゃけ頭使うのは仕事とゲームだけでイッパイイッパイなので、映画ぐらいはそういう“映画評論”とは真逆のベクトルで観たいと思うようになりました。映画的な教養(笑)とかいりません。

【2011年 個人的に直感的に好きな映画 ベスト10】

■1位 『インモータルズ -神々の戦い-』 : 作品の感想

すがすがしいほど馬鹿で残虐で馬鹿な“スタイリッシュ切株映画”。世間一般的な評価は極めて賛否が分かれ、どっちかっていうと“ワースト映画”に入れてる人が多かったですが、個人的にガチで好かったです。ゼウスの馬鹿が、馬鹿息子をぶっとばして壁突き破るところが一番好きなシーン。

■2位 『世界侵略: ロサンゼルス決戦』 : 作品の感想

すがすがしいほど馬鹿でまっすぐで馬鹿な“アメリカ海兵隊のプロパガンダ映画”。FPSとか戦争ゲームにはまってるゲーム脳をがすんがすん射抜いてくる演出満載です。主人公がこれまで失った部下の認識番号を全員分暗誦するシーンでガチ泣きしました。ああ、自分こんなんで泣ける程安いハートなんだと再認識。

■3位 『スカイライン -征服-』 : 作品の感想

すがすがしいほど馬鹿で馬鹿で馬鹿な“エイリアン馬鹿映画”。もうなんだこれ正直よくわかりません。よくわかんないけどずっと腹かかえて笑って観れました。とりあえず、円盤から引きずり出した宇宙人を素手で殴った後にさらにブロックで殴るシーンだけは2011年度の個人的ベストシーンに選出させていただきます。

■4位 『ザ・キング・オブ・ファイターズ』 : 作品の感想

人気格闘ゲームの『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズは初代から滅茶苦茶プレイしてて、コミケで薄い本を売ってたぐらい個人的に思い入れがある作品。それが『ストリートファイター』の実写映画も真っ青なレベルで蹂躙された様が逆に。テリー・ボガードがゴミ袋振り回して雑魚敵と闘うシーンで何故か涙が。

■5位 『ブラックスワン』 : 作品の感想

上の4本は変化球と考えて、直球で一番好かったのは本作。映画的に直球とはいえ、ジャンルとしては芸術映画と見せかけてガチホラーなので、十分変化球ですけどね。兎に角お母さん関連のシーンが怖い。「あ?ケーキ食べへんの?食べへんやったら棄てるわ。マジ棄てる。」のシーンが、初撃として強烈でした。

■6位 『ソーシャル・ネットワーク』 : 作品の感想

マジレスするとよくもまぁあれだけ“金儲け一辺倒”のSNS業界を「金よりもクールさだ!」みたいな全力の嘘で塗り固めたモノを作り、それをヒットさせたという、あくまで“プロモーションの方法論として見習いたい”対象としての評価となります。「広告はクールじゃない!」とか今のFacebook見せてよく言えるよな。すげえ。

■7位 『イップ・マン 葉問』: 作品の感想

映画館で観てたら1位だったかも。『イップ・マン 序章』、『孫文の義士団』、『導火線』も考慮すると2011年は完全にドニーさんの年。2011年ベストバウトだったら“ドニー・イェン VS サモ・ハン・キンポー”。テーブル真っ二つになって二人同時に着地するシーンは個人的カンフー映画ベストシーンに選んでもいいです。

■8位 『リアルスティール』: 作品の感想

今年は“意外性”でランクインした作品が多い中、“意外性まったくなし”“テレビCM見たまんま”の内容の本作がランクイン。単純に家族愛、ロボット愛、スポーツ愛、ハリウッド的“胸アツ要素”の詰め合わせ。だからいいんです。テレビで21:00からやる映画的に長年に渡りいい位置を占めてくれるでしょう。

■9位 『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』: 作品の感想

アメコミ映画化も多い中、一番好かったのは本作。個人的にはシリーズ中ベストかも。正直、直感ではなく小賢しい魅せ方を読み取った上で好きな映画ではあるのですが、単純に超能力バトルの魅せ方も旧作より格段にうまくなってました。安売りしようと思えばいくらでも安売りできる素材なのに志が高いんですね。

■10位 『SUPER8/スーパーエイト』: 作品の感想

未だ本作が本当に面白かったのか、つまらなかったのか、判断に迷う部分はあるんですけど。少なくとも“ジェームズ・キャメロン的なSFアクション”とは全く別ベクトルから描かれた“美しい映画”なんだなという感慨を抱かせたラストシーンは掛け値なしに好き。ただ、ホントこれ子供が観ても面白い映画ではないとは思う。

【総括】

他にも『猿の惑星:創世記』や『マイティ・ソー』とか、普段なら当然ランクインするであろういい作品もいっぱいありました。『アジョシ』や『ミッション8ミニッツ』や『MI:4 ゴーストプロトコル』も観れてたらランクインしてたかもねーと思っています。それぐらい劇場に行ける時間も少なかったなあ。

アニメ映画は今回ランクインしてなかったんですけど、『塔の上のラプンツェル』や『タンタンの冒険』、『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ天使たち~』も例年だったらベスト10に入ってきたと思います。『コクリコ坂から』も全然好かったと思いますよ。てか『機動戦士ガンダムUC』は映画カウントでいいのかな。

最後に『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』、『エンジェル ウォーズ』、『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』は今年の大本命かと思っていたのに噴飯モノの期待はずれ。特に後ろの2本は“直感的に嫌い”なタイプの作品でした。『トランスフォーマー』は次回また期待しています。

>>『2010年』 好かった映画 ベスト10

ほんと、去年に比べても良作揃いですね。てか去年とか『シロメ』なんかランクインさせてたのか自分。

とりあえず、今年はどうもでした。来年もどうもです。

スポンサーサイト
『リアル・スティール』 ジャパニーズクールへの畏敬
リアル・スティール

2011年のアメリカ映画。ショーン・レヴィ監督作品。

テレビCM見てこんな話だろうなと思ってた内容と1ミリも違わない内容でしたが、ネタバレ注意で話します。

1009182_01.jpg
(C)DreamWorks II Distribution Co. LLC

近未来、ボクシングは人間ではなくロボットが闘う競技になっていた。ロボットの賭け試合で生計を立てていた元ボクサーのチャーリーの元に、母を亡くした息子マックスがやって来る。ゴミ捨て場で、マックスはATOMという旧型ロボットを見つけ持ち帰ってきた。マックスはATOMをチューンナップし、試合に出場する事を決意する。

家族愛、ロボット愛、スポーツ愛、ハリウッド的“胸アツ要素”の詰め合わせのような映画です。

ここまでどストレートな“胸アツ”映画はほんと久々ですね。どストレートなだけあって意外性はゼロ!なし!皆無!なのですが。別にATOMが黒歴史の遺産的な設定でもなければ、ナノマシンばら撒いて文明ごと破壊するようなロボットでもなかったですし。それでも、この怒涛の“胸アツ”は劇場で体験できて好かった。

でも、個人的にそんな“胸アツ”さだけならこんなに本作を推さないですよ。

なんていうか、本作の根底から滲み出ている製作者らの“日本への畏敬の念”というか“「ジャパニーズクール」的なモノへのコンプレックス”みたいなものに鳥肌が立ったんですね。そのことが端的に読み取れる場面について、いくつか例に出してみたいと思います。まず、マックスが日本語を話せる理由を問われた時の台詞。

「テレビゲームで覚えた。」「日本製は最高にクールなんだぜ!」

ちょっとうる覚えなんだけどそんなこと言ってました。ここ「日本製はクールなんだ。」って台詞は別にいらないですよね。てか、日本産のゲームの市場規模が世界の2割以下に落ち込む中、“日本のゲームはクール”って認識は相当マイノリティです。そこを殊更強調したこの台詞に、製作者の想いのようなものを感じたのです。

「『フォールアウト』よりも、『ファイナルファナタジー』の方がクールなんだぜ!?」という想いを。

さらに、最強ロボットである“ゼウス”のクリエイターことタク・マシドさん。冷静・無口・技術・カネ・日本訛りの英語(『サウスパーク』のチンポースシのご主人みたいな)と、ロボットモノのラスボスに相応しいほどのジャパニーズクールキャラです。キレると正拳でディスプレイを叩き割るというアツい面もお持ちです。

そんな“いけすかない”敵をアメリカ的な“暑苦しさ”を持って倒す、そこにカタルシスがあるんですね。

でも、そうした設定の根底から滲み出てるのは、やっぱり“日本に対する畏敬の念”なんですよね。『宇宙戦争』で「日本人が最初にトライポッドを倒した」みたいな、何か「ロボットに関しては日本が最先端を行っている」みたいな意識、それこそ極めてマイノリティな意識を持った人が作ってるんだなと感じるのです。

「だって、日本にはマクロスとガンダムがあるだろ?」ってマジで言ってくるようなノリで。

オンラインゲームで海外の人と遊んでると、自分が日本人ってわかると「どんなアニメが好きだ?」とか「今度日本の秋葉原に行くんだがアーケードゲームの基盤売ってるとこ教えてくれ」とか、妙に興味を持たれることがあるんですけど、その時の気恥ずかしい嬉しさとなんか似てるんですよね。本作の感じって。

昔あっちにホームステイしてた時も、剣道やってるってだけで畏敬のまなざしを向けられたって時とも同じで。

ただ、後でそのうちの子から『KENPO』っていうカンフー映画を観せられた挙句、「キミはどんなケンポーの使い手なんだ?」って聞かれたので、完全に勘違いされていると気づきましたが。「ノ…ノー、ケンドーイズサムライスピリッツ、オーケー?」とか適当な返しをしましたが。なんかそんな感じなんですよこの映画。

いやしかし、ATOMのチート性能に関しては突っ込むのは野暮なんですかね。

真面目に“資本力と技術力で勝負”してる方が馬鹿らしくなってくるじゃないっすか。ロボット同士の闘いなんだからカネと技術の勝負になるのは間違いじゃないよね。でも、ATOMのアレはどう見てもチートでしょう。どうしろっていうのよアレ。中にセガールかドニー・イェン入ってるでしょアレ。かわいそうだよ敵が。

てか、一番おかしいのは硬さだよ硬さ。何でできてんだよ。ガンダリウム合金かよ。

そのへんの掘り下げは一切なく、単に人間の動きをトレースする機能がついた“そしてひたすら硬い”旧型ロボットが、少年の愛とその親父のボクシングセンスだけでてっぺんを取っちゃうって話なので、その物凄いご都合主義だけ気にならないのであれば、近年まれに見る“胸アツ”な作品です。個人的には大好きです。

『タンタンの冒険』 大人気ない(いい意味で)
ネタバレなしです。

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密

2011年のアメリカ映画。スティーブン・スピルバーグ監督作品。

ベルギーの漫画家・エルジェによって描かれた漫画(バンド・デシネ)。主人公の少年記者タンタン(TINTIN)と相棒の白い犬スノーウィ[1]が世界中を旅行し、事件に巻き込まれるお話。(Wikipediaまんまコピペ)

タンタンじゃなくてティンティンじゃないのか?って話は誰しもみんなが通る道なので割愛。

子供向け映画なのでほんの家族サービスのつもりで気軽に観に行ったんですけど、なんていうか全力投球のスピルバーグ映画で吃驚しました。スピルバーグだってこないだまで『スーパー8』撮ってたし、CGアニメの本作の方なんてどうせ片手間でやってたんデショって想ってたのが大間違い。本当に大人気ない作品でした。

何が凄いかってCGが凄い。CGが凄いって時点でそれを文章で説明すんの難しいんですけど兎に角凄い。

最近は「CGが凄い」=「馬鹿映画」「低予算映画」っていうレッテルが先行しがちだからCGCG言いたくはないんですけど、実際ここ数年で「CGが凄い」って思った映像作品って確かになかったんですよね。10年前は自分でもCGを創ってたぐらいCGが持て囃されてたてたので、新しいCG映像表現が生まれるたびに驚いてたもんです。

ここ数年はそれが、だんだんどれも似たりよったりなり、逆に露骨なヤツは嫌悪の対象にすらなりました。

ガンダムの富野監督がそういったCG映像による創作性を卑下して曰く「みんな同じツール使って同じことやってるんだから新しい絵なんか出来っこない」ってことなんですけど、実際そのとおりとしか言えないんですよね。CGはアニメや漫画と違い、その技術単体持ってても食べていけないという実情もその理由なんだと思います。

事実、CG製作の現場では、CGはデザイナーが創るものではなく、オペレーターが作るものですし。

そのCGオペレーターになる人も、10年前と違って激減しちゃってますからね。だって、食えないんだもん。どうしてもCGで食っていきたいなら、脚本も音楽も全部自分で創れる映像作家になるしかない。そうなって更に食べていけるようになれる人はほんの一握りっていう、そんなのがCGに関する国内の現実だったりします。

新海誠監督みたいな方が、その草分けであり希少な例だったりするわけですけど。

ハリウッドの方の就業事情は正直よく知らないんですけど、CGアニメ全盛のピクサーとかの作品を観るにしても、アレは“CGを売りにしている”わけではなく、“CGを低コストでの映像作成手段”として割り切って使っているのがわかります。だから『トイストーリー』見て「CGすげえ!」とは言わないわけですけど。

そんな中、本作のCGによる映像表現は、本当に凄いと思ったわけなのです。

途中、物凄い長い回しのワンカットのシーンがあるんですけど、もう本当「うおおおおおおお!!」って感じでしか表現しようのない凄い凄さなのです。ああいうのは確かに“CG使わないとできない表現”かつ“クリエィティビティに溢れた絵”として、素直に“映像表現の革新”とぐらい言ってもいいのではないかと思いました。

ただ、それをやったのが“子供向け映画”だったから、そこはどうしても“大人気ない”と感じました。

もちろん、いい意味でですけどね。ただ、何故ここまで気合入れてやったの?って。“子供向け映画”な自体で、そのへんを期待して見に来る人はいないわけだし、そのへんを期待してる人はほとんど観にはこないと思うのですよ。少なくとも、本作の国内プロモーションはCG推しなんかではないようですし。

あとは、やっぱり一部原作ファンの方々には、その“リアルなCG描写”が勘に触られているようですしね。

ツイッター上での映画クラスタの皆さんの本作の評価見てても、見事に真っ二つで面白いです。みんな子供向け映画に向かって全力でマジレスしてて大人気ないです。自分もその中に加わるために長文ツィートしたりしてますが、大人気なさという意味ではまだまだです。「ティンティンの冒険」とか言ってる中学生レベルです。

でも、そういうこと言わないのが大人になるってことなら、大人になんかなれなくていいってばよ。



プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。