てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スターウォーズ エピソードIII シスの復讐』
スターウォーズ エピソードIII シスの復讐』米映画

2005年。ジョージ・ルーカス監督。
ようやく観てきました。みんな早く観過ぎ。

エピソードIで描かれたダースベイダーことアナキンの幼少時代、エピソードIIで描かれたクローン戦争の勃発とアナキンのジェダイ騎士としての成長、そっからどうエピソードVIのダースベイダーに繋がるのかが今回の観どころ。

見事だ。見事に繋がってる。

観終わった後ダッシュでTSUTAYAに奔り、エピソードVIを借りて観て、その見事さを再確認。27年間の溝なんてこれっぽっちも感じない。

その見事な引継ぎの手法のひとつとして、おそらくエピIIIは途中から意図的に「セットをしょぼく」していっています。「しょぼく」っていうのは後述するように勘違いなんですけども。

元々新3部作は、1980年代製作の旧3部作と違和感がないように、実際に80年代より前の1970年代のSFテイストでデザインされているとのこと。そのため本作エピソードIIIの中で微妙にテイストを70年代から80年代にシフトしなければならないのです。

例えば戦闘機の配色が単色からツートンカラー、ツートンカラーからトリカラーへの変化などが見られます。うちら世代的には80年代トリカラー=しょぼいイメージがありますが、70年代単色orツートンカラーはかえって新鮮なため、終盤から急に「セットがしょぼく」なるように感じるのかもしれません。
1024.jpg


昨日も書いたけど、赤白青トリカラーのガンダムとかはなんかダサく感じるのは自分だけでしょうか。ガンダムMkIIとかニューガンダムとかNT1とか基本色が2色の機体はカッコイイんですが。

腹が赤いヤツとか顔が赤いヤツとかは本当に好きくない。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/116-fa813695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

A long time ago in a galaxy far, far away… 6部作で何が起きたのか

さるおです。 修業は嫌だがフォースは使いたい。ジェダイになる前から暗黒面におちているぞ。さるお君、しっかり! 映画鑑賞から1夜明けて、今さらのようにアナキンがかわいそうになって感動モードになっているさるお君、スター・ウォーズ6部作はいったい何だったんだろうと さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー【2005/07/17 21:50】

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。