てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キャリー』
キャリー』米映画

1976年。S・キング原作。ブライアン・デパルマ監督。
劣悪な家庭環境、母親と言う存在から投げ掛けられる呪詛、
学校と言う閉鎖空間内でのクラスメイト達による陰湿な虐め、
絶望、自分と言う容積への羞恥、ESP能力…。
全てに於いて、ぼくの辿った人生と同じなので、
主人公に対して非常に共感が持てた。
B00005Q86C.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

というレビューをみた。
ESP能力も?

キャリーをプロム(卒業旅行)に誘ってイケメンと恋をさせたり、
プロムクイーンに選出して有頂天にしてから一気に地獄へ落とす、
というアメリカ版「野ブタをプロデュース」なお話です。

てかキャリー役のシシー・スペイセクがすごくかわいい。
しかし萌え萌えさせておいて一気に凄惨なシーンへ落とす演出の妙。
自分の中で怖いホラー映画5本の指に入る名作です。

んでボジョレー・ヌーボーが解禁されました。
ワイン好きな自分ですが、崇拝する海原雄山氏が、
「あんなものはワインとは認めん!」
といっていたので認めていません。

でも同様に「あんなもの中華料理ではない!」
と仰せられておられた冷やし中華は大好物ですよ。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/211-9649d394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。