てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士 Zガンダム -星を継ぐもの-』
機動戦士 Zガンダム -星を継ぐもの-』日映画

2005年。富野由悠季監督。
DVDで観ました。前に映画館でも観たので、改めて感想は割愛。
ひとえにこんな映画が出来るのも『ガンダムSEED』の儲けがあるが故。
そういった意味では、SEEDのこと軽々しく評価できないなあと。
dvd.jpg

話は変わりますが、オンラインゲームの最近の事情について。

先日、『ラグナロクオンライン』のガンホー・オンライン・エンターテイメントが、総合オンラインエンターテインメントポータル『ガンホー・モード』を立ち上げるとの発表がありました。

これまで、オンラインゲームのポータルサイトといえば『PlayOnline』のようなゲームのみを対象にしたものばかりでした。しかし、今になって『ガンホー・モード』のような、ゲーム以外のコンテンツ(映像・音楽・アバターコミュニティ・SNS)も取り扱う「総合エンターテインメントポータル」が増え始めたのには、これから述べるようないくつかの理由があります。

1.MMORPGがもう限界ってこと。

オンラインゲームポータルの中で、これまでキラーコンテンツとして君臨してきたのは、『ラグナロクオンライン』や『ファイナルファンタジーXI』等の大人数参加型のオンラインRPG、つまり月額課金制のMMORPGでした。

そのMMORPGが、ビジネスモデルとして成立し得ない・成立させるのが極めて困難であるということが、結構前から一部メディアまたはネット掲示板等で、一般論として語られるようになってきています。

このMMORPGがビジネスモデルとして成り立たないという理由の第一に、月額1500円前後という「格安すぎる」料金設定があります。

本来、MMORPGをプレイするようなコアなゲームヲタ層は、コンシューマーのゲームソフトを月に数本、つまり数千円~数万円分買うような、ゲーム業界にとってメインの購買層でした。しかし、MMORPGは彼らを月に1500年円前後という格安な料金で、かつコンシューマーゲームに比べて長時間にわたって拘束することにより、業界全体のパイを小さくしてしまったのです。

MMORPGやる連中は、コンシューマーゲームやる時間ないですからね。

そして、その格安な月額課金収益で、コンシューマーゲーム以上に長期的にユーザーを満足させるというのが、まず無理なお話。

MMORPGの運営維持には、一定のサーバーおよび運営要員の維持コストが半永続的にかかります。このため常時一定数のユーザーの獲得および月額課金収益を得られないタイトルは、半永続的に赤字状態での運営を余儀なくされてしまいます。

そんな赤字経営の状態で、コンシューマーゲーム以上に長期にプレイを続けさせるようなゲームの新規開発継続・バージョンアップを行うことが無理なのはわかりますね。

それでも一時期、投資家が「MMORPGの将来性!」とやらの口車に乗せられ、大規模な投資を行っていた時期もありましたが、その時期も流行りももう終わってしまいました。

ゲームの新規開発が継続されないことから、ユーザーは満足せず運営に苦言を呈します。でも運営はそのユーザーを満足させるための開発費用が得られない、まともなバージョンアップもできない、サポートすらも満足に行えない、結果さらにユーザーは満足しないといった悪循環を繰り返すことになります。

ゲーム業界的にもマイナス、ビジネスモデルとしても破綻している、
故にMMORPGがもう限界ギリギリってことなんですね。

個人的には『ときめきメモリアルOnline』が失敗したらもう最後。
以降、新規国内産MMORPGの開発は難しいんじゃ?と考えています。

2.MMORPG以外のコンテンツがなんかすごい。

先日上場したゲームポットの『スカッとゴルフ パンヤ』のような非月額課金型(アイテム課金型)オンラインゲーム、ハンゲームのようなアバタービジネス、ミクシィのようなソーシャルネットワーキングサイト(SNS)など、急成長をとげている分野があります。

「総合エンターテインメントポータル」の出現が示すのは、まさにこれら成長分野へ開拓を狙ったものですね。

ただ実のところ、現在MMORPGでそこそこの会員数を得ているガンホーのような会社が、現会員の囲い込みに入っただけなんじゃないかとも思います。

今後、新規MMORPGタイトルを運営開始したとしても、新規会員を獲得するのは困難。ならいっそ、今いる会員から「絞れるだけ絞りとろう」というのが、本当の目的なんだとは思います。

MMORPG以外のコンテンツなら、維持コストとかすごい安い上、収益性も高い、さらにコミュニティさえ成立しちゃえば、新規開発の必要性もないとまさにいいこと尽くめ。

そして、維持コストが高くて収益性の低いMMORPGなんてのは、近いうちにその多くがサービス終了となるか、こうした『総合オンラインゲームポータル』の「会員維持システムの一機能」として細々と続いていくしかなくなっていくとは思います。

しばらくは今後『パンヤ』のようなカジュアルかつ「アイテム課金(ゲーム内アイテムを運営会社がリアルマネーで販売する課金方式)」による収益性の高いゲームが主流となるでしょう。

正直、アイテム課金は「会社がやるRMT(リアルマネートレード)」です。
これまでのMMORPGタイトルが掲げてきた理念から見ればRMTは「ゲーム内のバランスを破壊する悪質な行為」にあたり、利用規約上でも禁止されている行為となりますね。

でも、悪とされていた筈のRMTを運営側が率先して行ったタイトルが、ここにきて大成功を収めてしまったのです。

悪であるはずのアイテム課金が、正義である筈のMMORPGの月額課金より、収益性がはるかに高いということが証明されちゃった。同時に、アイテム課金へのユーザーのニーズが高いってこともわかっちゃった。これで今後は、MMORPGを運営する各社が掲げる「RMTは悪・RMTは禁止」っていう理念にも揺らぎが発生してくることでしょう。

MMORPGは、これまで「こうあるべきだ」っていう運営側の理想論だけでここまで来ちゃったんですね。収益性とかもアバウトにしか考えず、しかもユーザーの意志そっちのけで、自らの成功を疑うことなく。

それで今どの運営会社も、このまま理想論だけでつっぱしるのか、それとも世の中のニーズに合わせて変革していくか、そういう転換期に差し掛かってると思います。

でも、正直アイテム課金て、
明日からぱったり売れなくなるっていう不安もあるのよねえ。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
以前、やってたけど…
なるほど、MMOって儲からないんだ。
以前は一般誌でも「この分野では韓国に大きく立ち遅れている」なんて論調の記事があったりしたのにね。

私事だが実は私も人に勧められて一時期ウルティマオンラインに手を出した事があったけど、自分のライフスタイルに合わないのでやめてしまった。
だって、異常に時間を消費するから他のゲームやる暇ないし、クエスト中に勝手に落ちるのも気が引けるからジャンキー達に付き合ってると睡眠時間が無くなるし、ギルドに入ると活動日が土曜の夜だったりするんでリアルの友達と遊ぶ暇も無くなる。
しかも、ギルドに顔を出さないと「付き合い悪いぞゴルァ!」と言われるし。

実生活と両立している人も多いので偏見かもしれないが、「MMOでのレベル上げ=実生活でのレベル下げ」だなと思った。

自分にあった楽しみ方を見つけられなかったのもあるのかも知れないけど、こんな事があった次第。
【2006/01/22 15:34】 URL | 摩訶 #- [ 編集]


こんばんはー。

そもそも「ウルティマオンライン」の時点で値段設定に問題があったんですね。

手塚治虫が最初にアニメの値段を異様に安く設定しちゃったっていう問題と同じですね。
【2006/01/23 01:14】 URL | ぶどう #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/254-c2bb1e9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。