てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さむらい刀剣博物館』
さむらい刀剣博物館

法事のため実家にプチ帰省。
プチとはいっても、茨城の実家に帰った後、
長兄の棲む宇都宮まで行って餃子も食べてきたので、
それなりに旅行気分で。

で、ひょんなことから、
実家のすぐ近く、栃木県二ノ宮町にある『さむらい刀剣博物館』
というところに寄ってみました。

この博物館は、国内外でも髄一の刀匠でもあり、
その昔「志村けんのだいじょぶだぁ」にも出演経験のある、
柳田福津久氏が、自作・収集した品々を公開展示しているところ。
katana.jpg

数多くの銘刀に加え、鎧や銃器、海外の刀剣なども数多く展示されている他、
月の石や、琥珀に入った蜂など、刀剣と正直全く無関係な展示もあり、
日本刀に詳しくない人も退屈せずに見ることができます。

また、館内のテレビデオでは、
館長こと柳田氏が過去に出演したTV番組がエンドレスで流れており、
その類稀なる博識とともに、素人バラエティ適正の高さを垣間見せていました。

ていうか、こんなウチの実家と目と鼻の先に、
志村けんと松本伊予が取材にきてた事実に今更びっくり。

展示内容に注目してみても、
「土方歳三が使っていた刀」
「宮本武蔵が触った(かもしれない)刀」
「拝一刀が使っていた胴太貫」
※確かに胴太貫は栃木産の剣だが、子連れ狼は実在したのか?
などなど、歴史のミッシングリンクに迫る内容も多く、
とてもダヴィンチくさくていい感じ。
060527_1648~0001.jpg

↑かの宮本武蔵が使用したといういわくつきの銃も!GUN道!?

そして、展示品中一番目を引いたのは、
「つくば万博」に出品するために、柳田氏自らが鍛えたとされる、
刀身が2メートルをも越える超巨大太刀。
もはやガッツが持ってる「ドラゴンころし」に近い代物。
人間が扱える大きさとは思えません…。
※写真とってるくるんだったなぁ…。

VTRの柳田氏曰く、
「日本刀の特徴は、鎧ごとブッた斬れるということ、
 時代劇に出てくるような見せかけの刀じゃ鎧は切れない。
 せめてこれぐらい太くて大きくないと駄目!」
とのこと。

ああ、この人が刀を作っている理由は、
家業や伝統を守るためではなく、
マニアの床の間に飾るためでもなく、
あくまでも「人を斬るため」なんだなあと、
その心意気のマッドさに歓心しました。

ちなみに氏の夢は「現代の正宗を作ること」だそうです。
正宗より村正を作ってください。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/289-1ac982a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。