てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天使と悪魔(上)』
天使と悪魔(上)

『ダ・ヴィンチ・コード』のダン・ブラウン著。
4047914568.09._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg

劇場版『ダ・ヴィンチ・コード』をみて、
原作はおもしろそうだと思ったので、
そのシリーズ第1作にあたるコレから読んでいます。

宗教象徴学者のラングドン教授が、
謎の秘密結社「イルミナティ」とかそういうののアレをソレする話。

「イルミナティ」の名を初めて知ったのは、
矢追純一著『ナチスがUFOを造っていた』を読んだ小学生の時。

・ナチスが造っていたUFOの証拠写真をついに発見!?
・自殺したはずのヒトラーが南極のナチス秘密基地にいた!?
・SS隊長ヒムラーは宇宙とチャネリングしていた!?
・ヒトラーの超能力を開花させた「トゥーレ協会」とは!?
・恐るべき世界統一計画を立案した「イルミナティ」の正体とは!?

次々明かされる衝撃の事実の数々に、
子供心に腹を抱えて爆笑したものでした。

そのため「イルミナティ」という単語は、当時のやおい(純一)ファンには直球で笑いのツボ。
本作をシリアスなサスペンス・スリラーとして読むことは到底無理なのです。

しかし、そんな穿った見方に対し、
ダン・ブラウン氏は本作の主人公ラングドン教授の言を借り、こう反論しています。

「イルミナティが現存すると考えている人間は主に「陰謀マニア」である。現代の大衆文化に蔓延する過剰なまでの陰謀説には、つねづね腹立たしい思いをさせられてきた。マスメディアは凶事を予言する見出しに飢えている。そのため、イルミナティはいまも健在で新世界秩序を形成しつつあるなどというほら話を、自称”カルト研究家”がぶちあげ、ミレニアムの騒ぎに乗じて儲けている。」と。

「オモエモナー」という言葉が脳裏を過ぎりつつも、
物理学と宗教の歴史など非常にわかりやすく解説されている本作は、
うんちく本としてとても面白いです。

そんな時の人、ダ・ヴィンチをモデルとした名作黒歴史アニメ、
MUSASI -GUN道-」第5話を拝領。

マイネームイズダビノジ。アンドヒーイズサルトビサスケ。
すげえ、字幕もないのに英語がわかるよ!
この記事に対するコメント

>次々明かされる衝撃の事実の数々に、
>子供心に腹を抱えて爆笑したものでした。

私がこの手の陰謀論をニヤニヤできるようになったのは中学生の時だったというのに、小学生で爆笑できたとは素晴らしい。


それと、陰謀論ってインテリから大衆、左の人も右の人も皆さん大好きだものねぇ。
自分がうまく行かない言い訳にも使えるし。
【2006/06/12 22:49】 URL | #- [ 編集]

名前書き忘れ
失礼!上のコメントは私です。
【2006/06/12 23:07】 URL | 摩訶 #- [ 編集]


こんわんわ。
最新の「と学会」の本でちょうど
『ダ・ヴィンチ・コード』がとりあげられていて、面白いです。
【2006/06/13 00:43】 URL | ぶどう #- [ 編集]


その本は通勤中に車内で読んでるよ。
皆神龍太郎氏が書いてるね。(ちなみに皆神氏や山本弘氏はmixi内に居る)

でも、まだ映画を観てないのでそのページは読み飛ばしています。
【2006/06/13 01:00】 URL | 摩訶 #- [ 編集]


映画もなにげにB級な作りで素敵です。
絶対狙ってやってると思います。
【2006/06/14 00:33】 URL | ぶどう #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/292-00acea25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。