てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ローレライ』
ローレライ』日映画
2005年。樋口真嗣監督。
福井晴敏原作小説『終戦のローレライ』の映画版。

ひょんなことから終戦間際に独逸からやってきた潜水艦のおどろきの能力とその秘密がとても秘密な作品。ぶっちゃけどうせ話題の小説を映画化してみた『陰陽師』みたいなアレだろうと期待はしていなかったのですが。

すみませんでした。
ものすごく面白いです。そしてカッコイイです。
とくに石黒賢演じるメガネ理系軍人。キャラ立ちすぎで萌え。

邦画の戦争モノってんでどうせまた反戦だの(または抗戦だの)うだうだやってるうちに主人公が死んでお涙頂戴で終わるんだろ?とおもいきや、全編に渡って大迫力の海戦が繰り広げられまくります。またメインタンク注水、潜舵角20、急速潜行やら旋回式艦尾魚雷発射管やらとてもマニアクスな言葉が飛び交いヲタ心をくすぐるお話。

さらに水中魚雷や米海軍駆逐艦による新型爆雷、原子爆弾の爆裂シーンが、となりにいたじいさん(推定75歳)が「うっはー!すっげえなー!」と童心に孵り叫ぶほどカッコイイ。言葉云々で説明できないソレは、スタッフロールにて庵野秀明氏による作画と判明。ナウシカの巨神兵みたときと同じくらい「映像で感動」して泣けました。

正直、旧来邦画と呼ばれてきた作品のレヴェルを遥かに凌駕している。本当にいろんな好い意味で裏切られた作品。小説も読みたい。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/4-1c6300f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■読んでから観るか観てから読むか『ローレライ』

昔の角川映画じゃありませんが、映画ローレライに読んでから行くか悩みしたが。。。。読むといっても小説ではなくローレライを観たブロガーさん達のBLOGなんですけどね。最近はRSSリーダーでローレライ関連の記事が簡単に読めてしまいますし、昨日なんかは「ローレラ はずれ刑事慎重派パート3【2005/03/09 20:57】

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。