てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『セカンドライフ』リアル血液トレード
うちの店「おにくや」の裏側。
表立って置けないものを置いています。
07032801.jpg

光学迷彩で隠してあるのですが、意外と発見されてますね。
結構もらっていってもらえてるようです。
ありがたいことです。

"MMORPG「CABAL ONLINE」中国版、ユーザに血の支払いを提示する"Slashdot

"MMORPG『CABAL ONLINE』の中国語版において、強制退会になったアカウントの所持者に対し、"自身の血、1パイント(約473ml)献血すれば3日以内にアカウントを復活させる" というキャンペーンを発表。"

"このキャンペーンは思わぬ反響を呼び、発表直後には100名以上のプレイヤーよりアカウントの復活と引き換えに自分の血を差し出す申し出があった。記事によると中国では近年HIVの蔓延といった問題のため、輸血用の血が足りない事態が深刻化していることが要因とされている。"

これは、仮想世界のアイテムや通貨を現実世界の通貨に換金する「Real Money Trade(RMT)」に対し、現実世界の「血液」で還元する形での「Real Blood Trade(RBT)」の可能性を考えさせられるお話ですね。

例えば、『SL』で言うところの仮想通貨「L$」を、いくぶんかの血液との交換で得ることができる、または「献血」という形の報酬として得ることができるというわけです。

しかし、少なくとも日本国内では、売血行為は明確に禁止されていて、採血の報酬に現金はもちろんのこと、換金性のある商品(クオカードや図書券)も認められていません。昔は「献血」すると図書券とか貰えたそうですが、今はカロリーメイトですもんね。

当然ながら「L$」に関しても「換金性のある商品」として扱われるため、少なくとも日本国内で採血行為が行われる限りは、RBT行為は違法となってしまうでしょう。

少なくとも日本国内では…ね。

だから、非合法なギャンブルがまかり通る一部の海外SIMなどでは、文字通り「血肉を賭けたギャンブル」が日々繰り広げられているのです。それが見たくて見たくて。もう何件も何件もギャンブル場を廻ってしまいます。

テーマ:セカンドライフ - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント
Cabal_Auto
なんと!もっと気楽にゲームができる?
パソコンだけ有ればどこでも使える!!!
携帯が便利なUSBタイプ
自動探索での狩り、自動スキル、自動ポーション等等の安定的な機能。
レベルアップのため悩んでる皆様のために誕生>。<
好評発売中!! (www.automouse.jp)
【2007/04/02 16:51】 URL | Gamer #Sts9A5QI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/411-b4442ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたもコレで幸せに!

こんな方法あったんですね。 seesaa【2007/03/30 14:27】

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。