てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミラーズ』 ネギま!
マクドナルドでクォーターパウンダーバーガー食べてきました。
とくにオチはありません。

----

ミラーズ

2008年アメリカ映画。製作総指揮・出演キーファー・サザーランド。
あのえーとなんか、ジャック・バウアーのひとが出てくる映画。

もう、キーファー・サザーランド=ジャックにしか見えません。渥美清を見ると「寅さん」にしか見えないのと同じ現象だと思います。彼が『八つ墓村』で金田一を演じたときもやっぱり「寅さん」にしか見えませんでしたし。

そんなジャックが、ひょんなことから鏡の世界のなんかアレな感じのにつけ狙われたり、その謎に迫ったりする話。でも、ジャックがその謎に行きづまる度に、「超絶大ヒント」を与えてくれるお鏡の中のナニがとてもお茶目。『リング』ではそんなヒントなかったぞ!

そもそも、「原則的に不条理」な現象に対して謎解きも何もあったもんじゃないけど…。

それでも、なんとか鏡の過去を知る人物を探し出し、「拳銃をつきつけて」情報を得たり、鏡の秘密に関わる修道女に「やっぱり拳銃をつきつけて」協力を仰いだり、ジャックイズム全開で鏡の謎は解かれていきます。ネタバレになるのでその謎については触れませんが。

鏡の正体は「統合失調症」の少女の、「統合失調症」の部分だけを閉じ込めたものでした。

触れないと言っておきながら、サラッと触れてしまいましたが。それはあくまで自分ビューの結論です。だって、いくらなんでもそんな「前時代的で差別的なオチ」なわけないですよねー。「統合失調症」患者やその家族や権利団体の人が聞いたら噴飯ものです。

よもや、「統合失調症」と「悪魔憑き」を同等に扱ったりするなんて。訴えられますよ。

そんなことより、作中別のことが気になって、本筋なんかどうでもよくなってました。こういう作品の場合、作中の映像に「ホンモノの霊が映っている!」とか、そういう気づく人だけが気づく要素が隠されていることが多いのですが。本作のあるシーンにとんでもないモノが映ってたのです。

ジャックの子供の部屋に『ネギま!』のポスターが貼ってあったのです。

一瞬見間違いかと思いました。そんなまさか、どう見てもまだ5歳くらいの子供の部屋なのに…。普通のアニメのポスターならまだしも、『ネギま!』とか…。しかも、ちゃんと日本語で『ネギま!』って書いてあったし…。気のせいだよね、疲れてるんだよね…。

でも、別のシーンで気のせいじゃないと核心。
てゆか、この子の部屋、壁中「萌えアニメのポスター」だらけじゃねえか!!

そうなるともうポスターばっかり気になっちゃって…。鏡の中で起きている身の毛もよだつようなゴアシーンなんかより、鏡に映りこんでいる「萌えアニメのポスター」にばっかり目が行っちゃって…。あの子が夜な夜な親に隠れてネットで「Niceboat!」とか打つようになるんだ…とか。

実際、子供が鏡に向かって話しかけるようになっちゃったが故に、両親で部屋中の鏡を片付けはじめるシーンで、「息子の二次元への目覚めを心配した両親が、部屋中の萌えアニメポスターを剥がしはじめる」光景がフラッシュバックして腹筋が大変でした。

でも将来、自分の子供の部屋が萌えアニメポスターだらけだったらとか想像すると…。
そういう意味では、最高に恐ろしいホラー作品だと思いました…。

追記:
実は、上記鏡の謎はオチでもなんでもなかったり。「正解率0%」というコピーにあるオチは別にちゃんと用意されています。それはそれで、ちゃんとラストのラストに「コレがオチだ!驚いたろ!」って感じの『シックスセンス』的演出があるんですが。

個人的な感想は「www」って感じです。
この記事に対するコメント

今日見ようと思っていたミラーズ。

なんというネタバレ... orz



(笑)
【2008/12/30 12:07】 URL | サクサク #- [ 編集]


>サクサクさん
ごめんないさい…。でも、たぶんこの話の「オチ」は全く別の点にあるので、是非それを見て「えええwwwww」となってください。
【2008/12/30 12:18】 URL | Budou #- [ 編集]


本筋からずれたところに目が行くってのはありますね、しかしよりによってネギマって・・・・

僕も中国で買った推理小説の挿絵にアニメのポスターがちょこっと描かれていて気になりました。
アニメ系のグッズって若者や子供を表すのにピッタリな材料なんですかね。
【2008/12/30 18:04】 URL | 阿井 #- [ 編集]


>阿井さん
こんばんはです。たぶん、「製作者にそのアニメのファンがいて、他のスタッフが気づかないうちに貼ってしまった」っていう確信犯的な理由かなあと思ったんですけどね…。たしかに、絵柄だけ可愛ければ、海外では「子供向け商品」として扱われちゃう可能性もありますよね。

そういうアレな商品を海外で見つけてくるのも個人的な趣味です。
【2008/12/30 23:30】 URL | Budou #- [ 編集]


あけましておめでとうございます^^ (って去年の記事に対してアレですが)

冒頭のマックのお話、「食べたらお金が貰えました」というオチなのかと思ったのですが、そうでもなかったのですね。ま、そんなウマイ話はそうそうないですよね。

「ミラーズ」を観ていて、なんかのアニメのポスターだ!くらいしか判らなかったのですが、そうですか・・ネギま!だったのですか・・(と言いつつもネギま!自体を知らなかった私)
真剣な作品だったらそれこそストーリーに支障を来たしかねなかったでしょうから、こんな作品でよかったですね!(←暴言)
Budouさんのレビューはいつも目の付け所が違っていて、本当に楽しいです^^
ありがとうございます☆

今年もまたちょくちょくお邪魔させて頂くと思いますが、宜しくお願い致しますね♪
【2009/01/03 15:00】 URL | アガサ #- [ 編集]


〉アガサさん
あけましてよろしくなのです。
マックの新種肉はほんとに可もなく不可もなくつまんない味でしたので…。
アガサさんのブログはネット見れない間もケータイから見させていただいてます。今年もよろしくなのです。
【2009/01/04 23:46】 URL | ぶどう #- [ 編集]


通りすがりですが

自分もミラーズ見に行きました、ネギまと同じくマガジン連載のツバサクロニクルのタペストリーもありましたね
別の情報だとアイドルマスターのポスターもあったとかで
確か講談社の何かの雑誌でアイドルマスターの漫画版があった気がするので講談社が関わっているんじゃないかなと思ってみたり

自分もあのオチはwwwですわ
元ネタは韓国映画の「鏡の中で(「へ」だったかも)」らしいですがそっちの方が面白そうな感じ
【2009/01/25 22:18】 URL | 名無しさん #X.Av9vec [ 編集]


>ななしさん

こんばんは。「ツバサクロニクル」に「アイマス」ですか…。末恐ろしい子!
【2009/01/25 23:54】 URL | Budou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/709-d99c9253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。