てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『セックス・アンド・ザ・シティ』
光回線さまがご降臨あらせられましたので、ようやくキーボードで日記書くことができますですよ。ただ、『Xbox360』の方は理由あってまだ接続してないですので、『Left 4 Dead』はまだまだプレイできなそうです。『Fallout 3』をいまだに一人プレイ中だったり。

セックス・アンド・ザ・シティ

2008年アメリカ映画。マイケル・パトリック・キング監督。
同名の海外ドラマの映画版で、ドラマの最終話から4年後のお話。いつのまにかナウなアラフォーにバカウケなお話ってことにされてますが、自分みたいな下衆野郎が観ても十分に面白いお話です。あえて劇場で観ずにDVD発売を待ったのは、ドラマの方を全シーズン「日本語吹替え」で観てしまったので、吹替えじゃないとしっくりこなかったので。

サマンサの声は勝生真沙子(レコアさん)じゃないとだめだよねー。

今回は主人公のキャリーとミスター・ビッグの結婚が中心のストーリーなので、昨日リアルで出席してきた結婚式のことを思い出しつつ観てました。でも、結婚前の人が観たら「マリッジブルー確定」な内容ではあるので、気をつけないといけません。そういや、昨日のカッポーもそうなんですが、自分の周りに限定すると「オンラインゲームの中で出会って結婚した」って人がとても多いんですよね。

「オンラインゲームから発展する恋愛ってアリ?」(キャリー・ブラッドショー風)

"オンラインゲームを通じて出会った異性とデートした経験があるかと
言うアンケートの結果、全体応答者の中で女性で29%、
男性で8%が経験があると答えた。"
(GAME ABOUT調べ)

↑調査手段がよくわかんないのでこのデータはどうかと思いますが、少なくともオンラインゲームをプレイしているリアル女性が、自分のリアル性別をゲーム内で公表することによって「ゲーム内でモテモテ」になってしまうというのはよくあることです。リアル男性もそのプレイヤーを異性として意識してしまうというのもまた然り。

だからこそ、「リアル女性」をちらつかせて、ゲーム内アイテムを有利に収集する(男に貢がせる)という攻略パターンが存在するわけですし。また、リアルでは非モテな女性が、「ゲーム内ではモテモテ」というシチュエーションに有頂天になり、自身をゲーム内コミュニティにおけるアイドル(もしくはマスコット)と認識してしまうことも少なくないわけです。

参考資料:姫/FF11用語辞典

かといって、それは単に「ゲーム内での恋愛ごっこ」であって、必ずしもリアルの恋愛に発展するとは限らないみたいです。実際、ゲーム内での恋愛がリアルにも発展したって話はあんまり聞かないどころか、逆にリアルに足を踏み出した瞬間に破綻したって話はよく聞きます。リアル世界でのおつきあいや結婚に発展したっていう友達は、大抵以下のようなプロセスを辿っているみたいです。

1.オンラインゲーム始める。
2.ゲーム内のコミュニティ(ギルドみたいなもの)に参加。
3.リアルでそのコミュニティのオフ会に参加。
4.リアルでの恋愛に発展。
5.リアルで結婚。

結局は、「出会うためのプロセス」としてオンラインゲームというツールが利用されたってお話なんですね。確かに、ゲーム内コミュニティに参加して、オフ会にまで参加するっていうアクティブさは重要ですが、結局は「出会ってからが肝要」ってことなんですね。要するにゲームの中で謙虚なナイトで大人気であるだけでなく、光属性のリアルモンク属性だから一目置かれる存在たまに学校に行くとみんながおれに注目するぐらいじゃないとだめってことです。

でも、「そもそもその出会いがないんじゃー!」っていう人にとっては、少なくともオンラインゲームをプレイするってことはその確率を上げるって意味で効果的なわけですよね。そういう動機でオンラインゲームをプレイするってことは決して恥ずかしいどころか「むしろ少子化対策として国策的に推奨されるべき動機」と思いますが、重要なのはプレイするゲームタイトルの選び方でしょうか。

そもそも、ほとんどのオンラインゲームのプレイヤーは「野郎ばっか」と考えるのがごくごく自然ですから、その中でも比較的「女性プレイヤーの比率が高い」ゲームタイトルをチョイスする必要があります。なかには、リアルのプレイヤーの男女比率を公表しているようなタイトルもあるようですが、主観的には『ラグナロクオンライン』や『ファイナルファンタジーXI』、『信長の野望Online』が多い感じだと思います。

実際、リアル結婚に発展した友人が多いのは圧倒的に『FF11』と『信On』。
『RO』では出会ったけどフラれたという話だけはよく聞きます。
ゲーム内イメージとの乖離がありすぎるからかなあ。

最近は、MMORPG以外にもライトな感じのオンラインゲームも主流になってますから、比較的女性もプレイしやすい環境は増えてるようですが、そっちに行っちゃうと逆にコミュニティ要素が弱まってくるので、「オフ会」とかには発展しにくいところなので難しいところですね。任天堂のWiFiコネクションなんて、そっち方面は全力で回避してきそうなので正直つまらないと思います。『街へいこうよ どうぶつの森』とかハッテン場化しちゃってもいろいろアレだと思うけど。

あとは、もうマックの二階とかにいるPSPでモンハンやってるような女子を誘って狩りにいくとかね。
それはもはやふつうにナンパです。ゲーム関係ないです。
「そこのカノジョ!ティガレックス手伝って!」とか。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/719-b05d4de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。