てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 考察
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

感想は昨日書いたので割愛。

>>『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 感想

観てから1日たって、ようやくなんだかいろいろ考えるようになりました。中二病的にかっこいい言い方をするなら「考察」というやつですね。きんもー。庵野監督もこうやって勝手に妄想を繰り広げては深読みする連中に「お前らキモッ!いいかげん現実をみやがれ!」と突きつけたのが旧劇場版だったわけですけど。

そもそもこの物語ってそこまで厳密に意図した隠喩なんてないです。「死海文書」とか「ネブカドネザルの鍵」とか、わざと中二病が飛びつきやすいようなもっともらしい単語並べて客を考え込ませ、商品としての消費速度を遅らせるのが目的なわけです。そういう意味では『崖の上のポニョ』の方がまだ考察のしがいがあります。

しかし、キモイと言われても、不毛と知っていても、考察をしてしまうサガ…。
だってキモオタなんだから仕方ないじゃないかッ!!

以下ネタバレ含むのでご注意を。

----

■ネブカドネザルの鍵とバベルの塔について

今回の新劇場版で個人的に気になった中二ワードは、「ネブカドネザルの鍵」なんですけれども。それを入手してほくそ笑むシンジのお父ちゃんを見る限り、ゼーレが進める補完計画とはまた別の目的、つまりお父ちゃんが進める「真のエヴァンゲリオンの覚醒」に関連するものなんではないんでしょうか。

そもそも、ネブカドネザルとは。『マトリックス』でも出てきた単語(船の名前)ですけど、旧約聖書中に「ネブカドネツァル」として登場する新バビロニア王国の王様で、かの「バビロン捕囚」を行なった人です。また、バビロンのマルドゥク神殿とジッグラトという巨大建造物を作ったことでも有名な人です。

ジッグラトは螺旋階段状の建造物と伝えられていますので、よく宗教画なんかで見かけるドラクエの塔みたいなアレです。「バベルの塔」です。こちらはいわずもがな旧約聖書の「創世記」に登場する、塔を築いて神(天)に近づこうとした人間たちを戒めるべく、神が人間の言葉を複数に別けて争わせるようにしたという話。

小学生の頃、ファミコンの「バベルの塔」をやりすぎて高熱を出したことを思い出しました。
たぶん、これも神に近づきすぎたために罰があたったんでしょう。

つまり、「ネブカドネザルの鍵」とは、お父ちゃんによる「真のエヴァンゲリオンの覚醒をもって神に近づく」という目的に用いられるものなんじゃないかな。実際、物語の終盤でエヴァンゲリオン初号機は、シンジとレイによる「ぽかぽか」をもってヒトを超えた存在、つまり神へと覚醒しはじめるわけですけれども。

で、そこを空気読めないカオルくんと六号機によって水を差されるわけなんですれども。水というか槍をぷすって。これをバベルの塔の伝説における「神罰」とみるのであれば、せっかくコミュニケーション不全を改善して「ぽかぽか」し始めた二人が再びディスコミュニケーション(言語を乱されて争う)状態になるわけですね。

そうなると、「今度こそ君だけでも救ってみせる」ってカオルくんの台詞は嫉妬以外の何者でもないように聴こえますけど…。この台詞は過去世界(旧劇場版の世界)からのメタな干渉であり、カオル君ならびにゼーレの目的はその鬱エンドを覆し物語をハッピーエンドと変えること、これ即ち「破」なりとする見方もできますね。

いずれにしても、シンジとレイはそんな世界の思惑やらディスコミュニケーション攻撃すらも跳ね返し、ラブラブならぬ「石破ぽかぽか天驚拳ーーーーーッ!!」を放って真のハッピーエンディングを見せてくれることを期待しています。そういや、なんか『Gガンダム』の最終話に似てるよなあ終盤の展開。

■裸ウォークマンと死者復活とマイケル・ジャクソン

そういえば、終盤でシンジがレイをひっぱりあげるシーンのあたりで、何故か日本神話の黄泉比良坂のことを思い出しました。イザナギが死んだ妻のイザナミを追って黄泉の国に至るも、蛆虫に喰われた妻の姿におそれおののき逃げ帰ってくるというお話。シンジはそこで逃げなかったわけなんですけど。

こうした「配偶者または親類の死を悼み、死後の世界に出向いた男が逃げ帰る。または死者を連れ帰って蘇生させる。」というパターンのお話は、ギリシャ神話をはじめ、日本の『小栗半官』や『日本霊異記』、中国の『捜神記』や『太平広記』に『聊斎志異』、果てはラブレーの『パンタグリュエル物語』まで世界中にみられます。

ただ、なんでそんなことが気になったのかというと、レイ救出シーンの見た目的な印象だけではなく、あの時彼女の状態、すっ裸にウォークマン装備。即ち「裸ウォークマン状態」におけるウォークマン、つまり音楽ないし楽器を何らかの神話的な触媒とみなす意味があるんじゃないかと引っかかってただけなのですけど。

ちなみに、ギリシャ神話に出てくる吟遊詩人のオルフェウスのお話では、彼の奥さんが毒蛇にかまれて死んだとき、彼もやっぱり冥府に行ったのですけど。彼はその竪琴の音色で番犬ケルベロスやら冥王ハデスやらをかどわかして、みごと奥さんを奪還してくるわけなんですね。

この「音楽または楽器を媒介にした死者の復活」も、新約聖書の「黙示録」にある最後の審判における「7つのラッパ」をはじめとして、中国の『霊幻道士』など世界中の伝承に多くみられるパターンです。故マイケル・ジャクソンの『スリラー』でも、音楽にあわせて死者(ゾンビ)が復活して踊ってたし。

よし、うまいことマイケルにつながったぞ。
ご冥福をお祈りさせていただきます。

この記事に対するコメント

>よし、うまいことマイケルにつながったぞ。


なんだかぶどーさんの卒論の書き方が見えたよーな気が
【2009/06/28 14:27】 URL | GOH #sSHoJftA [ 編集]

タイトルなし
>GOHさん

こんばんはー。卒論は「『山海経』における神・妖怪の民俗学的考察」みたいな感じでした。中国哲学専攻だったので。あと本文の他に、3DCGで作った「『山海経』紹介ムービー」つきにしました。当時のG3Macだと、ほんの数十秒のムービーでもLightwaveのレンダリングが数十時間かかってましたね…。

でも、本文はご想像のとおり、テキトーな感じです。
【2009/06/28 21:24】 URL | Budou@ #- [ 編集]

はじめまして。
ネブカドネザルは猿の種類かと思ってました(笑)

勉強になりました^^
有難うございます。

【2009/07/06 08:08】 URL | hary #- [ 編集]

はじめまして!
破の考察読ませてもらいました。
すごく興味深かったです。さらにネブカドネザルのことも勉強になりました。
ここでこんなコメントをするのは場違いかなとも思いましたが、参考になれば、、まぁ自己満足なのですけども、「ウォークマン」について書かせてもらいます。
最後にレイがウォークマンを持っていたのは、やっぱりシンジとゲンドウの仲を良くしたいという思いからではないかと私は考えました。
もしくは、今作からシンジの持っていたウォークマンははっきりと元ゲンドウの所有物となりましたので、「ウォークマン=ゲンドウ」としてゲンドウ、シンジ、そしてユイ(エヴァ初号機)の三位一体が成立するのかな?とも思いました。

自分の考えを一方的に書いただけですね、、お目汚し失礼しました。
【2009/07/20 02:06】 URL | psycho #GpEwlVdw [ 編集]


>haryさん

こんにちは。ネブカドネ猿。素敵です^^
【2009/07/20 13:41】 URL | Budou@ #- [ 編集]


>psychoさん

こんにちははじめまして。確かに、今回のレイは本当に良い子になりましたよね。次回予告に出てたちっさいレイシリーズたちにも期待大です。

【2009/07/20 13:44】 URL | Budou@ #- [ 編集]

はじめまして
考察読ませてもらいました!
序の時もカヲル君のセリフから旧作のシナリオをやり直すために来たとは
思ってたんですが、友人は聞く耳持たずでした・・・

いきなり質問になってすいません

ネブカドネザルさんって4人いるじゃないですか?
それって関係してないんですかね?
覚醒するエヴァが4体ってことはないとは思いますけど・・・
きっと「4」って数字は重要な気もします。

【2009/08/11 23:07】 URL | not #- [ 編集]


>notさん

はじめましてこんばんは。カヲル君は旧世界からのソレという考えは面白いのですが、個人的にはメタな精神世界に進まずにこのままわかりやすい話をつづけてほしいと思うのです。

ネブカドさんは4人いるというより、単に4世までいるという意味ですから、それほど深い意味はないような気がします。ルイさんちなんて18世もいますし、ルパンさんちも3世です。

でも、きっと4という数字には意味がありますよ。
【2009/08/11 23:25】 URL | Budou@ #- [ 編集]


4といえばロンギヌスの槍も4本ありましたよね?
【2009/10/20 19:32】 URL | 博士 #- [ 編集]


考察読ませてもらいました。

質問なのですが、最後にレイが持っていたウォークマンって
シンジの奴ですか?
ちゃんと見れてなかったんですけど、レイがゴミ箱の中からウォークマンを取り出すシーンがありましたよね。
あれってシンジのウォークマンは捨てられて、それをレイが拾ったってことで良いのでしょうか?
【2010/03/04 08:07】 URL |   #sy9ikSKM [ 編集]


> さん

こんにちは。劇中に他にヲークマンはでてこないので、そうだと思いますよ。

ただ、なんでヲークマンだけ物体化してでてきたのかは謎です。
【2010/03/06 13:54】 URL | ぶどう #- [ 編集]


ネブカドネザル=4人の王 

破のセカンドインパクトの回想シーンに4体の光の巨人が出現する点(頭の上に輪っかあり)
ちなみに、ロンギヌスの槍も4本

バチカン条約で一国のエヴァ所有が3体まで制限されている点
(4体になるとサードインパクトを起こす危険性があるため)
バチカン条約自体が新劇場版にて追加された新しい設定で、
本来なくてもよい設定
逆を言えば、なければ成立しない

Qの予告の仕組まれたこどもたちも4人
(カヲル君+3人の陰)
5カヲル、6マリ、7?、8?

ちなみに、Qは胎動という意味もあり、
胎動するエヴァ8号機と深い関係があると予想される
8号機だけ、予告で登場している点も気になる
胎動という表現からして、8号機の完成が大きな鍵になるのでは?

従って、
ゼーレの考えは、神に近き覚醒した真のエヴァンゲリオン(頭の上に輪っかがある状態)を4体揃えることによってサードインパクトを起こし目的を果たそうとしている
ちなみに、破で登場している神に近き真のエヴァンゲリオンは、破のラストの初号機とラストの6号機の2機

Qの予告のこどもたちの陰は、そのためにゼーレによって招集されたシーンではないか?
Qの予告で、
レイとシンジを取り込んだまま凍結されるエヴァ初号機、廃棄される要塞都市、幽閉されるネルフ関係者、
もゼーレがネルフの動きを阻止しようとしていることで理解ができる

そのてめ、
仕組まれたここどもたち
という表現になっているのではないか?

最後にQの予告のアスカの眼帯
目が使徒に汚染されたままで、赤くなっているからではないか?
眼帯は何かを隠そうとしているようにしか見えない
不自然すぎる


【2010/05/29 07:05】 URL | オノケン #- [ 編集]


>オノケンさん

はじめまして。こんいちは。

だいたいそんなーかんじだとは思います。

でも、でてきた特典フィルムがひどすぎてへこんでいます。
【2010/05/29 13:23】 URL | 葡萄球菌 #- [ 編集]


早くQが観たいですね

Qの予告の仕組まれたこどもたちの陰は3人ではなく、4人でした

従って、
カヲル君は数えず
(使徒であるから?)

本来、使徒は12人(12使徒)
破までに登場した使徒は10体
残りは2体
従って、旧作通りカヲル君と人間であるリリンの可能性が高い

では、4人の陰は誰なのか?
新キャラ説もあるが、恐らく既に登場している
シンジ、レイ、アスカ、マリの4人
(だから、あえて破でわざわざ新キャラのマリを登場させたのではないか?数合わせのため)

ゼーレによって幽閉せれたネルフ関係者とあることから、シンジ、アスカ、レイも当然幽閉され、
ゼーレのシナリオ遂行のために招集されたと考えられる

Qの予告の碇と冬槻もネブカドネザルの鍵を渡さないために逃げているらしきシーンもあり

果たして8号機には誰が乗るのか?
0号機、2号機が破棄されているため、アスカとレイの2人のどちらかの可能性が高い
7号機もこの2人のどちらか?
マリは仮設ではなく、完成された5号機か?
ただし、破にて破棄されているので確定もできず
もしくは9号機?

Qの予告で予測できるのはここまでが活動限界

碇のシナリオがどんなものなのか?
ネブカドネザルの鍵の役割とは?

やはり、
旧作との続きと考えるのが無難とおもわれる

序のカヲル君の登場シーン
海が旧作のサードインパクト後と同様に赤い点
カヲル君の「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」という台詞

新劇場版は何部作なのでしょうか?
序破急とは歌舞伎の言葉で、起承転結みないな意味
Qで完結するのか?
破の劇場版のQの予告では、Q+?となっていたが、
DVDではそれがない
4部作なのか、3部作なのか

Qの完成をQだけに急いでほしい




【2010/05/30 05:40】 URL | #- [ 編集]


>名も知らぬ方さん

こんにちは。「Qの完成をQだけに急いでほしい」まさにそのとおりだと思います笑。

でも、急いで変なものになるよりかは、時間かけていいもの作ってほしいとも。
【2010/05/30 10:48】 URL | 葡萄球菌 #- [ 編集]


プレデターの方でコメントさせてもらったのですが、ついでにこちらでもw
一年以上前の記事ですけど、ちょっと気になったもので。
死者を蘇生させるパターンも神話では多いんですけど、それ以上に目につくののが「逆転論理」と「見るなよ、絶対見るなよ!」って展開だと思うんです。

オルフェウスもイザナギも「見てはいけない」ものを見てしまい、恋人を取り戻せませんでしたし。
童話だと、鶴の恩返しでも似たようなことがあったり。

はたして、シンジは最後までやり切れるのかどうか、ちょっと頑張ってほしかったりします。
【2010/07/20 08:30】 URL | TT #mVwtu6c6 [ 編集]


>TTさん

こちらでもこんばんわー。

全く関係ないのですが、今ちょうど『ダンテズインフェルノ』というゲームをプレイしてて、これはダンテの『神曲』を原作とするゲームなのですが、「地獄に恋人を取り返しに行く」って意味では、イザナギイザナミの話にそっくりなんですよねえ。ちょっと関連性を調べてみたくなりました。
【2010/07/22 21:36】 URL | 葡萄球菌 #- [ 編集]


>ぶどうさん

はぢめまして。
かなり遅レスですが、ウォークマンだけ物質化してたことについて・・・。
レイにとってのウォークマンの存在って、元はゲンドウの所有物って事は知らないはずだから、ウォークマン=シンジなのでは?

知っていたとしても、例えばレイはゲンドウのメガネ、アスカは人形が親との接点になる持ち物だから、シンジがウォークマンを捨てる事は、父親から離れることと同様で、それを阻止したかった事になると思うんだけどねぇ。
劇中でもゲンドウとシンジをくっつけたがってたし。
まぁレイとゲンドウは親子じゃないけどね・・・。

どっちにしろ、ウォークマンだけ物質化してたのは、それが「気持ち」だからじゃないのかな?と思う。。。
【2010/07/28 15:07】 URL | すがり #- [ 編集]


>すがりさん

こんにちはー。

>ウォークマン=シンジなのでは?

自分もあのあとなんどもDVDで見直してみて、他者の所有物に偏執するレイの性格から考えると、その解釈で間違いないんじゃないかと思いました。逆に言えば、レイはシンジの持ち物を入手する機会を虎視眈々と狙っていて、たまたま拾ったのがウォークマンだったということですね。

必要以上にモノを持たない少女によるモノへの執着。なんか素敵です。
【2010/07/31 09:26】 URL | 葡萄球菌 #- [ 編集]


>葡萄球菌さん

そうですねー。私もそう思ってます。

ですが、シトに取り込まれたレイが「持っていた」事も気になりますね。
ゲンドウのメガネではなくシンジのウォークマンを持っていた事は、まぁ旧作の様にゲンドウよりシンジへの想いが強くなった事でしょうが・・・。

「代わりはいる」「私はここでしか生きられない」と言いつつも、ウォークマンを持っていたってことは、「シンジを感じられるもの」はそのまま持って行くつもりだったんでしょうね。
結局はシンジの「来い!」って言葉に促されちゃいましたが。

どちらにしろ、レイの中では「シンジが必要」と思っていた事の現れが形にして描かれたものだと思ってます。
【2010/07/31 15:10】 URL | すがり #- [ 編集]


>すがりさん

こんにちはー。

「物質化現象(っていうとサイイババみたいで厭ですが)」は、一応TV版でもLCLからのシンジくんサルベージとして描かれていますし、同様に使徒からサルベージされたレイが、肉体と同時にウォークマンを伴っていたということは、レイのパーソナルデータにはシンジ君への強い思いも含んでいたのだとか考えると、感動的ですね。

ウォークマンという、時代錯誤なアイテムなのもいいですね。iPhoneとかじゃなく。

【2010/08/01 11:39】 URL | 葡萄球菌 #- [ 編集]

新幹線男。
寧ろ当然ヱヴァンゲリヲンは精神分析学的ですよ。
【2012/12/02 01:49】 URL | 電車男。 #/CyiO8JU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://budouq.blog5.fc2.com/tb.php/795-563dbd41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 主題歌

新世紀エヴァンゲリオンヱヴァンゲリヲン新劇場版:破シールマウスパッド(C)アスカ【予約商品2009年7月上旬発売】商品価格:315円レビュー平均:0.0【ネタバレ注意】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』BGM集‐ニコニコ動画(ββ)『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』BGMの元音... Youtube最新動画ニュースMIX【2009/06/30 07:53】

プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。