てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クラウド アトラス』 人物相関図つき
クラウド アトラス

2012年のアメリカ映画。ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー監督作品。

ウォシャウスキー兄弟の性転換話は100万回ぐらい聞いたからスルーして、とりあえず話多すぎ!人多すぎ!で何がなんだかわかんなくなります。要は京極夏彦の『塗仏の宴』みたいに(わかりづらい例え)色んな話が並行して進みつつ、最終的になんか“スッキリ”するアパ体験系映画なのです。

そういう映画なら過去にもありましたが、今回のソレはそれぞれ時代も違うわけですね。

で、一つの時代の登場人物が、また別の時代で生まれ変わって(同じ俳優さんが演じて)行くとゆう、輪廻転生とか永劫回帰とか、仏教的で哲学的で手塚治虫的な感じが素晴らしい作品です。要するに中二臭さとサブカル臭さがたまんねえのは流石ウォシャウスキーの人たちといったところです。

2,3回観に行きたくなるので、マネタイズという意味でもよくできた“循環コンテンツ”ですよ。

とはいえ、ほんと話と人が多くて困るので、海外のサイトで配布してる“人物相関図”を頂戴してまいりました。ていうか、この図観てもぶっちゃけよくわかんねえよって感じなのですが、配布先のサイトの解説が実に秀逸なので、なんとなくですが理解しました。

この画像以下はネタバレ含みますので、初見の大混乱を味わう場合にはご注意ください。



"アダム・ユーイングの太平洋航海誌" (1849)
"ゼデルゲムからの手紙" (1936)
"半減期-ルイサ・レイ 最初の事件" (1973)
"ティモシー・キャヴェンディッシュのおぞましき試練" (2012)
"ソンミ451のオリゾン" (2144)
"ソルーシャの渡しとその後のすべて" (2321)

上記6つの物語で構成される本作。各話に出てくる人物が行動が、次の時代の同じ人物に影響を与えていくという、仏教でいう“因果律”とか“業”のようなテーマが根底にあるようです。善をなすものは善生をうけ、悪をなすものは悪生をうくべし。浄行によって浄たるべく。汚れたる行によって、汚れをうくべしってね。

ていうか、トム・ハンクス浮き沈み激しすぎだろいくらなんでも。

トム・ハンクスに注目して観てみると、1849年に悪徳医師というド底辺から始まり、1936年にはまたケチなホテルフロントとして、1973年には博士としてハル・ベリーといい仲になるという出世。2012年には、自分の小説を酷評した評論家をビルから投げ落として殺す小説家ダーモットにまで悪落ちし…。

あれ?よく考えてみると、別にそれほど“因果応報”を意識した作りにはなってないよね?

ていうか、この2012年の"ティモシー・キャヴェンディッシュのおぞましき試練"が面白すぎて。この話のつづきばっかり気になっちゃって、割と他の話がどーでもよくなっちゃうのが個人的にはバランス悪く感じました。あーもうネオソウルとかいいから、じじい共の“暴力老人ホーム脱出大作戦”を映せッ!!ってなります。

各話のクライマックスが重なる辺りで、一番記憶に残ってるの“じじい共のゲート突破”だもん。

あと「ソンミかわいいよソンミ!」って声が多く出そうなぐらい、あの『空気人形』の女の子も好かったんですが。本作中で一番かわいいのは確実に2012年でアイノーアイノー言ってるちっちゃいおじいちゃんだからね。あのおじいちゃんが、本作の因果律に絡んでないのが不思議なぐらいのかわいさだからね。

てゆか、ソンミの人は予告編みた時までは本気で上野樹里だと思ってました。

でも、一番のつっこみたいのは、ネオソウルのハル・ベリー何だよッ!!闇医者って何だよッ!!ネオソウルの話は『マトリックス』みたいというか、ジャパニメーション(懐かしい)意識した作りになってるのはわかるんだけど、なんか特殊メイクとかアレすぎて完全に『銀魂』みたいなギャグに見えるのはどうなんだろうか。

ソンミの働いてる店とか、完全に『銀魂』に出てくる感じじゃないすか。面白いからいいけど。

『ジャンゴ 繋がれざる者』 悪かったな勉強してなくて
ジャンゴ 繋がれざる者

2012年のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督作品。

正直ある理由から感想書くの気乗りしなかったんですが、タランティーノ好きだし、作品も滅茶苦茶面白かったので勿体ないから書いておきます。難しいこと考えずに、どストレートの“セイブ・ザ・クイーン”ですから。監督本人が一番いい役持ってっちゃうとこも、KKKのグダグダ感も、同人ノリも全て好かったです。

ただ、日本語版の一部関係者の“一言”だけが、すべてを貶めています…。

200_20130314222838.jpg

劇中挿入歌の日本語翻訳を手掛けている町山智浩氏が、本作を酷評した某ブログのURLをRTしつつTwitterでつぶやいた内容が以下のとおり。自分の関わって居る作品や、町山氏の友人の柳下毅一郎氏に対する酷評を見て頭にきた結果というのはなんとなく理解はできますが…。

町山智浩 ‏@TomoMachi
「奴隷の歴史については全く知りません」
http://bit.ly/10j100U  
だったら勉強しろクソじじい
http://bit.ly/13mP0Am

この方のブログ内容自体に同意するものではないですが、それ以前に“作品の関係者”が、その作品の感想に対して「勉強しろ」とか「クソじじい」はさすがにどうよって話です。観賞以前に勉強が必要な作品とは思えないのですが、そうでなかった故に“作品の関係者”から「クソ」呼ばわりされるっていうのは…。

さらに問題は、町山氏のファンが、その「クソじじい」に対して攻撃をはじめました。

「やられたからやり返す」とか。いや、最初にやったのあんたらだろー。あと「死ね」っていうのはさすがにどうなの。いくらなんでもたちが悪い。てか「そーだ勉強しろクソじじい!」って煽ってる人達こそ、本当にアメリカ史を勉強してから映画観に行ってんでしょうか。勉強して行ってたとしてなんだという話ですけど。

何も勉強するのがいけないなんて言うつもりないですが、映画ってそんなに高尚なもんなんです?

「映画を観る前に予習しろ」、「少なくともコレとコレとコレを観てから行け」みたいな“正しい映画の観方”みたいのが流行ってるのはいいんですけど、「前情報何も入れずにプラッと観に行きたい派」にまでそういう観方を押しつけて「勉強しろ」って言うのはほんともう。悪かったな勉強してなくて、馬鹿で。

そういう“映画ファン的上から目線のバイアス”を「勉強しろ」の一言に感じてしまうわけです。

それこそ本当に「勉強してからでないと映画観ちゃだめ」というのが“正しい映画の観方”であり、それ以外は“悪い観方”っていうなら、おそらく映画は娯楽性を失って衰退しますよ。だから、なおさら映画業界関係者のそういう発言を目にする度に「あーあ…」と落胆するハメになるんですよ。

「ゲームやる前にwikiぐらい観とけよタコ!」って任天堂の社長が言ったら厭ですよ。

「クソじじい」の部分は、町山氏という人間を知ってさえいれば(御本は拝読しております。)驚く話ではないのですが、でも見ず知らずの一般の方、しかも自分の関係作品を視聴された方に対して言っていい言葉ではないですよね。これは町山氏がというより、日本語版の配給責任者が丁重にお詫びすべきと思います。

関係者やスタッフによるお客様への暴言は、そのマネジメント担当者の責任です。

あと、一緒に騒いでるファンの人たち(一部狂信的な人たちと言い直しておくべきか)ね。本当にたち悪い。映画ヤクザとでも呼ぶべきでしょうか、自分たちが好きな作品がどっかで貶されれば攻撃し、自分たちが嫌いな作品を褒めただけでも攻撃し、刃向う者あれば攻撃し、特に何もしなくても攻撃し。

映画の感想ぐらいは自由に言わせて欲しいですね。ほんと『ジャンゴ』自体は最高です。


『フライト』 二日酔いは迎え酒で治せ
フライト

2012年のアメリカ映画。ロバート・ゼメキス監督。

TVCMぐらいしか事前情報なく観たので、ほんっと吃驚しました。当然ながら、飛行機事故で機体が一回転しながらも奇跡の着陸劇を繰り広げるパニックムービー感動巨編みたいなのを想像してたので。というか、2パターンあるTVCMの両方ともそういう内容じゃないっすか。そーゆー意味では、あのTVCMは上手いなあ。

だもんで、まだご覧になられてない方は是非、TVCMの先入観を持ってご覧になられてほしいです。

というか、日本での興業収入が公開初週で1位になってますけど、殆どの人はTVCMの先入観で観に行って、ポカーンとしてたんじゃないんでしょうか。そんぐらいぶっとんだ話です。こんな地味なタイトルなのに。そういうわけで、以下はネタバレ含むお話なので、ご注意くださいね。

200_20130309015021.jpg

藤子不二雄(A)の漫画『笑ゥせぇるすまん』の「ケーフィア」という話に似てるなあと。

栄養ドリンクなしでは仕事ができない栄養ドリンク中毒の男が、喪黒福造からケーフィアという健康飲料をもらい「二度と栄養ドリンクは飲まない」と誓い一時は健康体になるも、結局また栄養ドリンクに手を出してしまう。おそらくA先生が本当に描きたかったのは「アルコール中毒」なんだと思いますが。

本作は、どストレートに「アル中」を描いた作品なのです。

もう初っ端から泥酔して全裸スッチーとの朝チュンからのコカイン鼻一気をキメてフライトに望むデンゼル機長。もう、事故以前に死亡フラグ立ってる主人公って段階でお客さんポカーンですよ。さらに機内アナウンスしながらの片手でウォッカ(ミニボトル×3)入りのオレンジジュース調合でありますよ。

なにひとつ1%たりとも生き残れる気がしないよこの主人公。

いや、ギャグかと思うけど、本当にアル中の人ってこうなんですよ。会社でも「酒飲まないと仕事できないから」って、500mlのミネラルウォーターのペットボトルに焼酎入れてきて、仕事中にちびりちびりやってるんすよ。もちろん、酒臭えから大抵はバレるんだけどさ。中にはバレないでやってる奴もいるかんね。

そんな奴が、飛行機のトラブルをものともせず神業的な着陸で多くの乗客を救ってしまう。

いるんだよね。めちゃくちゃ酒癖悪くて朝とかアルコール臭いんだけど、めちゃくちゃ仕事もできる人。たぶん、アルコールとその人の能力に関連はないんだろうけど、なぜかそういう風なスキルテーブルになっちゃってる人。能力があるのに酒で失敗するせいで出世の道が閉ざされてる不遇な人。

本作は、そんな不遇な主人公に光がさす…ような話では全然ないです。

その神業を英雄視するマスコミを避けて実家の農場で暮らす間も、基本12Lペットボトル(ウォーターサーバーに使うアレ)一杯の酒を車に積んで両手抱え飲みした上でのドライブですよ。事故後の検査で薬物とアルコール反応が出たことを事故調査委員会に知られることを危惧する弁護士が、当然酒を止めるように促しても…、

このアル中が1ミリも話聞いちゃいねえ。酔ったままマスコミの前にでってゆうしちゃう始末。

こいつはやべぇ!こいつのせいでウチの会社は終わる!と危惧した航空会社と弁護士は、彼を事故調査委員会との公聴会までの間彼を隔離し、アルコール絶ちをさせようとしますが…。なんと、ここからが本作の真骨頂。まさか、まさかの大逆転の連続!飛行機が一回転するなら、物語は二回三回回るのです!

もう、一番面白いところが、倫理的な理由で書けないのが辛い。てか、PG-12でいいんだこれ…。

二日酔いを迎え酒で治すようなバカ酒飲みのPOV視点で描かれるトンデモ映画が、感動作みたいな?感じで勘違いされつつも国内興行収入1位に輝いたという事実が、何より面白くて仕方がない。たぶんテレビ放送されなそうだから、是非劇場なり何なりで観ていただきたい1本だと思います。

参考資料:ロシア人の酒の飲み方

『脳男』 莫大な遺産受け継いでる奴多すぎ
脳男

2013年の日本映画。瀧本智行監督作品。

首藤瓜於原作小説の映画化ということで、原作は未読でしたがなんとなく気になってた作品です。公開当初から評判が賛否分かれていたので、なーんかパッとしないサイコスリラーなんかなーと思ってたら、全然予想のナナメ上を行く和製ダークヒーローものと言いますか、バカ映画で楽しめました。

観賞前にTwitterで“日曜洋画劇場レベルの作品”と評されている方がいらっしゃって、正直どういう意味なのかなあと思っていたのですが、“日曜洋画劇場でやる『コマンドー』レベルで、みんなで総ツッコミしながら観るのにぴったりの映画”という意味で、ある種最大の賛辞であるということと納得しております。

以下、ネタバレ含みつつの感想となります。

135126338197913128659.jpg

脳男こと主人公?の鈴木一郎くんは、生まれつき感情が欠落しており、でも記憶力抜群でイケメンでカラテも得意という、一見SNKの格闘ゲームによくいるタイプのキャラですが。裕福な家の出身ということもありその莫大な遺産を受け継いで“自らの意志で悪と闘う”どっかで聞いたようなダークヒーローなのです。

なんでそうなったのかは話のキモなので、劇場でご覧ください。説明が面倒なんじゃないですよ。

そんな彼を付け狙うのは、本作のヴィランにあたる緑川。彼女もまた頭脳明晰で爆破技術に通じ、両親から莫大な遺産を受け継いでいるという点で、自分と一郎くんは同じだとかなんか言ってます。ああ、なんかよく血を吐くあたりもSNKの格闘ゲームによくいるタイプとして共通点ですね。

今後も、頭脳明晰で炎を操りかつ両親から莫大な遺産を受け継いでいる奴や、頭脳明晰で呪われた血によりたまに暴走するが両親から莫大な遺産を受け継いでいる奴など、個性的なキャラクターたちが繰り広げる超能力バトルが繰り広げられて行くわけですね。え?貧乏人は麦でも食べてなさい。

いやでも、こんなド直球に中二病なヒーローものを日本でやってくれるだけで凄いことですよ。よくよく考えると一郎くん大したことしてないじゃんとか、ハンドガン(ニューナンブ式)で遠距離狙撃成功させる警官が最強とか、ツッコミどころ満載なのは、狙ってやってのことだし目くじら立てることじゃないと思いますよ。

松雪泰子のやってる監察医が、どう見ても欲求不満おばちゃんにしか見えないとかも言い過ぎですよ。

ただ、ポリグラフ検査のことはよくは知らないけど、相手の意表を突く質問をするという意図で、なんで「私とセックスしたいですか?」が出てくるんですかね。実際思惑どおりの反応はとれたので良かったわけですけど。そこをちゃんと指摘してくれた緑川が一番本作の中でマトモなキャラに見えました。

あとラストの台詞は、割と賛否が分かれるポイントみたいですね。個人的には“希望を示している”のではなく“絶望を示している”と感じたので、一郎くんの底の知れなさと殺人者としての成長を表しててゾクッとして好かったのですが。“希望を示している”と感じちゃうと、一郎くん底が浅い奴みたいでヤじゃないですか。

ラストシーンの台詞は、鷲谷が一郎くんに対して、「なぜ能動的に動いたのか?」を確認しているのと同時に「なぜ殺したのか?」も問うたことへの返答です。その回答が、鷲谷への“感謝”であったとすれば、鷲谷にとっては“志村の再犯”と併せて“二重の絶望”を味わうことになったわけですよね。

まるで、『ハンニバル』シリーズにおいて、クラリスを辱めた相手をいつも“面白い方法で”殺害してくれるハンニバル・レクターの凶暴性を彷彿とさせるラストで、個人的には素晴らしいオチのつけ方だと思うんですけどね。『ダークナイト』よりかはそっちに近い作品かなと感じました。

『2012年』 好きな映画ランキング ベスト10
Twitterみてるとみんなやってるのでおでもやりたいお。

【2012年 好きな映画ランキング ベスト10】

■10位 『貞子3D』 : 作品の感想
200_20121231155847.jpg

『リング』はシリーズ通して死ぬほど好き。正直、脚本は滅茶苦茶だと思いますが、“特撮ホラーで全力の3D映画作ってやろうぜ!”って意気込みがビッシビシ伝わってきます。あと、毎回の貞子登場シーンがお笑いで言う“天丼(かぶせ)”にしか見えないので、ギャグとしてのレベルが異常なほど仕上がっています。

■9位 『アベンジャーズ』 : 作品の感想
200 (10)

ハルクファン(ハルキスト)として服がはち切れる程好き。あと、他のヒーローも好きですが、そいつらによってたかってボロ雑巾のようにされるロキが好き。出てきた瞬間から顔色悪くて、なんか薬飲んでそうで、月曜日休みそうなロキが好き。あと、ボロ雑巾のようにされるロキも好き。

■8位 『桐島、部活やめるってよ』 :作品の感想
200 (2)

ゾンビが好き。えっ、立派なゾンビ映画ですよこれ。“自発行動的ゾンビ VS 非自発行動的ゾンビ”って皮肉満載の。でも、かすみちゃん、ないわ。そいつだけはー、ないわ。これ観たあと『映画けいおん』観たらなんか妙に安心したわ。似たような女子4人組の話なのに。(゚Д゚)ハァ?とか言わないもん。

■7位 『ホビット 思いがけない冒険』 : 作品の感想
200 (3)

J・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』と『指輪物語』は小学生の頃から大好き。何の予備知識もなしに観ると、ひょんなことから主人公の家に押しかけてきた魔法使いと13人のドワーフたちによるハーレムラノベにも見えますが、あながちその認識で間違ってないという。ガンダルフの中の人的にも。

■6位 『悪の教典』 : 作品の感想
200 (4)

どこかのアイドルの方みたいに「こんな人が簡単に死ぬ映画、嫌いです!」みたいに良識ぶったことを言えば言う程、「私は蓮見先生のような裏表のある人間で、良識ぶってるとこも含めて全部計算です!」って告白してるようなものなので、もちろん自分はこの映画大好きですよ。大好きですとも。

■5位 『バトルシップ』 : 作品の感想
200 (5)

エイリアンが好き。あとハワイが好き。エイリアンとワイハが合わさって最強に見える。昨今のエイリアン映画におけるエイリアンがどんどん弱体化し、米軍とハリウッドの仮想敵としてちょうどいいレベルに落ち着き始めている、いわゆる“エイリアン戦力是正問題”の最たる作品という懸念はありますが、楽しいからいい。

■4位 『ダークナイト ライジング』 : 作品の感想
200 (6)

ベインが好きすぎて辛い。金持ちやリア充が嫌いで、「明日世界が滅べばいい」と常々思ってる俺らのヒーローですよベインは。その目的が一見壮大に見えてその実チンケで情けないとこなんかも等身大の俺らサイズで好いんですよ。バットマンやジョーカーよりはるかに好きです。ユニクロでベインTシャツ買ったし。

■3位 『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 : 作品の感想
200 (7)

冬月教授が枯れ果てるほど好き。

■2位 『プロメテウス』 : 作品の感想
200 (8)

エイリアンというより、そのアートワーク全般を手掛けるH・R・ギーガーの描くチンコチンコした世界観がもげるほど好き。何より、“出産”をテーマに描いた映画は『プルミエール 私たちの出産』など数多くありますが、ガチムチ男性型宇宙人の“妊娠”と“出産”を描いた作品は他にないです。頭おかしいです。

■1位 『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』
200 (9)

ギャバンは、人格形成の上でもっとも重要な幼少期に一番影響を受けたヒーローとして、好きなんて言葉じゃ表せないほど好き。そのギャバン初の劇場版作品を、今この歳になって観られるというのは、本当もう夢のような話。さらにヒーロー映画としての出来も完璧。文句なし今年のマイベストムービー。

■総括
去年の今頃は、2012年は『アメイジング・スパイダーマン』か『アベンジャーズ』の2強だなーぐらいに思ってたんですが、予想以上に良作が多くて。次点として、『ウルトラマンサーガ』が予想以上で素晴らしかったです。『おおかみこどもの雨と雪』も、出来は素晴らしいですが、個人的には内容が辛すぎて…。

【ちなみに去年までのランキング】

■2011年の好きな映画ベスト10:詳細ページ

1位 『インモータルズ -神々の戦い-』
2位 『世界侵略: ロサンゼルス決戦』
3位 『スカイライン -征服-』
4位 『ザ・キング・オブ・ファイターズ』
5位 『ブラックスワン』
6位 『ソーシャル・ネットワーク』
7位 『イップ・マン 葉問』
8位 『リアルスティール』
9位 『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』
10位 『SUPER8/スーパーエイト』

■2010年の好きな映画ベスト10:詳細ページ

1位 『第9地区』
2位 『ヒックとドラゴン』
3位 『告白』
4位 『キック・アス』
5位 『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』
6位 『ハート・ロッカー』
7位 『トイストーリー3』
8位 『インセプション』
9位 『劇場版 涼宮ハルヒの消失』
10位 『シロメ』

ちなみに、『シロメ』は今をときめく「ももいろクローバーZ(当時はZつかない)」が、紅白歌合戦出場を“シロメ様”という悪魔に祈願しにいくというフェイクドキュメンタリーなんですけど。この願いは2年越しで成就したんですよね。そういう意味で、是非今年の正月観る映画としてオススメの一本です。

では、よいお年を。




プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。