てすかとりぽか
その日のアレとかソレとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『3Di OpenSim』 夢と実益
『セカンドライフ』にはちょくちょく入ってるんですが、その度に目に入るのは関連企業のサービス縮小や撤退のお知らせ。唯一、毎日のようにイベントやらお茶会やらのお知らせが元気に届くのは「私立リリアン女学園」のコミュニティ。

『セカンドライフ』でうまくやってる日系企業は「リリアン」だけな気がします…。

で、期待されていた「Opensim」、つまりWindows PC上で独自のSIM(サーバー)を立てることができる技術の導入についてほとんど進展がないまま、リンデンラボがただの「土地貸し」に落ち着いている間に、よその会社が似たようなもんリリースしちゃってます。

"CEATEC JAPAN 2008 - 仮想空間を自由自在に構築可能な3D仮想空間サーバソフト"

3Di OpenSim』。サイト見る限り、個人でどうにかできるシロモノではなさそうだけれど。どの程度のコストで運用可能かも全然見えてこない。それ以前に、導入の実例が全く示されていないから、評価のしようもないところだけれど。

で、開発会社の人のオススメの実用例の第一に挙げられているのが「仮想空間内社内ミーティング」なんだけど。一時期、「ミク○ィ」って会社を筆頭に「最先端のミーティング方式!」とかってもてはやされてましたが、めっきり聞かなくなりましたね。

「一次試験としてPCスキルの高さを見るため」とか銘打って、「仮想世界で新卒採用!」とかもやってましたが、結局それで見えてくるのは、「手持ちのPCスペックの高さ」だけなのに。ていうか、そんなアバターで会議するくらいならメッセでいいですよ。

ほら、そういう興のないことを言うから話がつづかない…。

でも、個人でサーバー立ててオンラインゲーム運営するとか、『ナツノクモ』(つづき出ないのかな…)みたいな話が現実味を帯びて来ました。「Opensim」も個々のサーバー上に構築された世界が相互乗り入れするとが前提なので、まさにあんな感じ。

例えば、複数の個人や企業が構築した仮想世界やオンラインゲームの中を、まるでホームページでも観るような感じで単独のアバターで渡り歩き、動画観ながらショッピングして、ファンタジー世界で竜退治しながらブログ書くようなこともできてしまいそう。

夢が広がります。
でも、実益に適わないと夢も叶わないんだって。
数々の「いろんな世界」の失敗から学ばないといけないところです。
『セカンドライフをよむ。』 邪気眼的世界
"歩くとき、私たちは重力をうまく利用している。地球の重力がなければ、また、地面の抵抗がなければ、私たちは動くことができないだろう。だからこそ、夢の中では飛ぶことができるのだ。だからこそ、夢の中では走るのが難しいのだ。私たちが前進するには、重力も摩擦も必要なのである。"

セカンドライフを読む。

ティム・ゲスト著。上に書いてある「なんか俺いいこと言った」的な文から読み取れるように、仮想世界に対し、極めてニュートラルな視点で紡がれたドキュメンタリー本。仮想世界は、現実世界で失われたもの、得られないものを得ることができるという意味で魅力的だが、同時にそこで失うものも少なくはないとか、なんかそういう感じの内容。

既に半年前に出版された本なので、栄枯盛衰が著しい仮想世界に関する本としては、既にだいぶ古い情報に基づいて書かれてはいます。ただ、特筆すべきは、その他大多数の仮想世界関連書籍が、確たる根拠も示さずに「仮想世界は絶対成功する!仮想世界マンセー!」的な内容であるのに対し、しっかりとその影の部分を描いているということです。

例えば、規約違反行為どころか現実世界の法律に触れることをも厭わず、運営会社や警察が手を出せないことをいいことに、詐欺や不正アクセスを繰り返す犯罪者の存在。それらが組織的に仮想世界に介入し、利益追求のためにマフィア化しているということ。さらに、全力で他人の不幸を望み、他人を貶めることを至上目的としているグリーファー(迷惑行為者)の存在などなど、実際に彼らの考え方や主義主張に至るまで、私見を挟むことなく掲載しています。

ただ、正直「現実ならすぐに捕まり法の裁きを受けるようなことであっても、仮想世界の中ではそういうことが全て許されてしまう。運営会社は、犯罪行為に対して、しかるべき対応を行なうことができない。」とまで言ってしまうのは、防犯対策上流石いかがなものかとは思いますが。

確かに、『セカンドライフ』においては、不正アクセスの被害にあったとしても、運営会社であるリンデンラボ社並びに警察の調査によって、犯罪行為が立証されるようなことはまずないと思われます。ただ、それを「リンデンラボがFBIに捜査要請したのはデマであり、リンデンラボの社員もそれを認めている」とまで書いちゃったよこの人。

その上さらに、某オンラインゲームで、違反行為と知りつつ仮想通貨のデュープ(データ改竄による偽造)を行い、それをRMT(現実世界のお金で売買すること)により巨額の富を得た少年が、結局アカウントの凍結を受けただけで済んでしまい、他には何の責任追及もなかった。…なんてことを書いちゃうのよ。

その上さらにさらに、現実世界の未成年の少年少女を雇って、仮想世界内で「児童売春業」を営んでいるような輩に、「金が稼ぎたいなら仮想セックスをすればいい。現実の法が適用できない仮想世界で真面目にビジネスしようとしてるやつなんて、正直頭がおかしいんじゃないのか?」とまで言わせてしまう。

言ってることはある意味間違ってない。残念ながら間違ってないんだけど、そういうことを影響力のある人間が書いちゃダメ!私見さえ挟まなければ何を書いてもいいってのは、まともなドキュメンタリーじゃない!

あえて、影の部分に触れることで、プレイヤーに自己防衛の手段を講じさせたり、運営会社に問題意識を抱かせることによって、サービス全体の質を向上させたいという目的があるのならわかりますが。(自分が仮想世界に対して口を酸っぱくしてるのはそういう理由なんだからねッ!)

なんか、どう考えても「ろくでもない人間」が入って来やすいようなエサを撒いてるとしか思えない。毎日新聞の海外版と一緒ですよ!ていうか、本当にろくでもない人間が多いなーと思ったら(勿論、周囲にいる人はろくでもなくなんかないですよ。)やっぱり、こういう「無法地帯」というか「悪の理想郷」みたいな話を聞いて、その「邪気眼ワールド」に憧れてしまう奴らがいるんですね。

んでも、とりあえず『セカンドライフ』をはじめ、『World of Warcraft』や『Ever Quest』など、広い意味での「仮想世界」全般に関して、具体的な数字やデータに基づいた知識を、てっとり早く身に着けたいという方には非常にオススメな本です。少なくとも、「仮想世界マンセー!」なうさんくさい本を10冊読むよりはためになります。

でも、コミケで売る漫画は、典型的「仮想世界マンセー!」なうさんくさい漫画だよ。

----

追記。そういう「邪気眼ワールド」的な仮想世界を考えてみた。とりあえず、アバターは普通の高校生だが、実は秘められた闇属性の攻撃力を秘めていたりする。そして、ものすごいダークパワーの持ち主であるため、意思とは関係なく名前に「ダーク」とか「闇の」とかついてしまう。とりあえず、初めて会った人への挨拶は「お前もチカラの持ち主らしいな…」。さらに、「オレは誰ともつるむ気はない…」とかいいつつ、ずっと後をついてくる。
『コミックマーケット74』 告知
気がついたら1週間前になってしまったので告知を。

下記日時に開催されます、世界最大規模の漫画同人誌即売会「コミックマーケット74」にて、仮想世界『セカンドライフ』内の架空のお友達である、Izumi Schnyderさん主催にて、『セカンドライフ』の漫画同人誌が販売されます。

この本には、Izumiさん同様に『セカンドライフ』内の「日本人を代表するクリエイターの皆様(またたびさん、キキさん)」をはじめ、あの『月刊ウィングス』等でご活躍されている、漫画家の氷堂涼二先生もおまんがを寄稿してくださっております。びっくりですよ。原稿紛失とかしたら裁判沙汰ですよ。

ちなみに、自分もつまらない漫画↓を描かせていただいておりますが、「仮想世界」や「メタバース」というものをご紹介することをテーマにしておりますので、『セカンドライフ』をネタにしたものではありません。そのため、『セカンドライフ』をはじめとした「仮想世界」を経験されたことがない方にも、わかりやすいように描いているつもりです。

少なくとも、「仮想世界」の類に関して興味のある方、「仮想世界」でビジネスをしてみたいと思っている方、既に「仮想世界」に騙され…じゃなくて落胆されている方、心のどこかで「仮想世界とか(笑)」と思われている方には、お楽しみいただける内容かと思います。

20080809.jpg

【コミックマーケット74開催日時】
2008年8月15日(金) ~ 17日(日)

開催日程の詳細は下記ページをご覧ください。
>>コミックマーケット74のご案内

【コミックマーケット74開催場所】
東京国際展示場(東京ビックサイト)

会場までの交通アクセスは下記ページをご覧ください。
>>交通アクセス

【うちの漫画の売り場】
2008年8月16日(土) 西地区 む 10a 「いずみ学園」

※今ニュースで話題のエスカレーターの近くですね。
  自分は朝から店番させられてますが、たぶん俯いて『MHP2G』をやってます。

【ご来場の際のご注意】
昨今の秋葉原ブームというか何なのか、最初に自分が参加した頃に比べて、コミックマーケット(コミケ)もだいぶ一般的なイベントとなってきました。このため、結構気楽に「お出かけ」できる場所という認識も広がっておりますが、さすがに「ディズニーランドに行く感じ」とまではいかないところ。

なので、是非「行ってみたいけど、なんかちょっと怖い」と思って行き渋っている方は、とりあえず下記を読むだけでも、十分な予備知識と安全を確保できるかと思います。

"初めてコミックマーケットに参加するときの基礎知識まとめ" (GIGAZINE)

よく、自称コミケ玄人は「コミケは大変だよ?素人は行かないほうがいい。」みたいなことを言いたがります。それは、ある意味田舎の中学生が、池袋とか吉祥寺(『ろくでなしブルース』の舞台)に遊びに行ったことを、「ナイフ持って行って正解だった」とか、さも大変だったように自慢するのと変わらないので、気にせず行って楽しんでくればいいと思います。

個人的には「東京ゲームショー」より、だいぶ楽なイベントだと思います。
『崖の上のポニョ』 洗脳歌

崖の上のポニョ

今年の夏やるジブリのアニメのテーマソング。洗脳歌として早くも話題ですけど。
自分も休みの日とか1日200回以上リピートで再生してるけど、全然中毒にはなりませんね。

----

セカンドライフ

ようやく、日本語の環境が整ってきたと思ったら、なんかログインしてもまともにキャラクターが動かなくなったり、となりのエリアに移動すると固まったりと、散々な状況が永らく続いておりましたが、久々に入ったらなんか勝手になおってました。原因は謎です。

しばらくインしないうちに、なにかが改善されたのか、自身の脳内で思い出補正が起きたのかはわかりませんが、なんか美味しそうなイカが焼けてました。焼きイカのテクスチャとか撮るのはすごいなあ。この世界の品質は、はモデリングよりもテクスチャ依存度が高いので、彫刻家よりも写真家の方に向いているようです。
2008061201.jpg

あと、この世界のコミュニティ「山百合会」にずっと入りっぱなしになっていたので、『マリみて』関連のイベント情報がごっさり届いておりました。なんか、『セカンドライフ』のコミュニティにしては非常にめずらしく、本当にちゃんと運営しているみたいですこのコミュニティ。『マリみて』好きな人は是非参加してみるとよいです。

----

ファイナルファナタジーXI

『セカンドライフ』に入れない間、またやってました。『アルタナの神兵』から導入された「戦争みたいなシステム」こと「カンパニエバトル」がふつーに面白いです。

「カンパニエバトル」は、各地で勃発した戦争に傍から「武力介入」し、その貢献度合いによって経験値やらポイントがもらえるというしくみです。最大のメリットは、いつでも好きな時に手軽に参加できて、周りの迷惑も顧みず(少しは省みたい)に、「俺ツエー!」を実践できるというところですね。

要するに、従来のパーティプレイでは、周囲とのシビアな連携が求められるが故に中々はっちゃけられず。逆にソロプレイでは、他人の自分の強さをひけらかすことができない。これらジレンマを一気に解消しつつ、このゲームのメインテーマである「レベル上げ」も可能にしたという点では大変評価できるしくみだと思います。

----

あと、漫画描かないと漫画。
『未来世紀ブラジル』 未来型インターフェイス
『コミスタ』は一番安いの買っちゃったのを今更後悔。何の機能も使えないじゃん…。
でも、どうせ描くのはこんな絵なのでどうでもいいです。
2008040601.jpg


一応、『セカンドライフ』関連のお友達が出す『セカンドライフ』関連のご本に載る予定ですが、『セカンドライフ』の漫画ではないです。『仮想世界』ネタとだけお伝えしておきます。

----

お友達から、メールでこんな相談を受けてました。原文をそのまま引用させていただくと、「攻殻、電脳コイルみたいなインターフェイスがあったりするアニメを教えてください。デジタルインターフェイスが出てくれば、別に網膜投影とかじゃなくてもいいです。あ、JMみたいな映画でももちろんいいです。参考なので。」みたな感じ。

左脳が死んでるのが自分でもわかるほど記憶力がない自分ですが、がんばって思い出してみました。せっかくなのでここにも載せてみます。最近休みの間は漫画描いてるかゲームやってるかなので他に書くこともないしねえ。

・『超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ』(米・TVドラマ)
 なんかヘルメットの動きと主砲であるチェーンガンの照準が連動してるとか、
 小学生の自分がとてもときめきましたのを覚えています。

・『ナイトライダー』(米・TVドラマ)
 「ナイト2000」の音声入力型インターフェイスこと「キッド」。高速走行する車の運転に
 音声入力型インターフェイスって向かないんじゃないの?って小学生の頃思いました。
 でも黙って自分で運転してたらキッドがかわいそうだし。

・『マイノリティーリポート』(米・映画)
 街中の看板が、道行く人の趣味嗜好を判断し(アマゾン的に)、その人に最適
 な広告を直接網膜に投影するというデジタル看板。ねじみそさんが「アマゾンから
 なぜか『BLEACH』ばかり薦められる」と言ってましたが、街中の看板全てが
 同じことをしてくるというわけです。この映画はインターフェイス的に他にも
 いろいろ素敵です。

・『もしも昨日が選べたら』(米・映画)
 現実世界を停止・早送り・巻き戻しと何でも出来る万能リモコン。
 「インターフェイスコメディ」という名にふさわしい作品です。
 ていうか、現実世界に影響与えちゃう時点でファンタジーだけど。

・『ロボコップ』(米・映画)
 ロボコップ目(勝手に命名)。他人を見ると、勝手に名前とか役職とか表示し、
 武器の所持から相手の弱点までサーチしてれる。自発的に解除できない機能
 だったらヤダなぁ…。別に弱点なんか知りたくないし…。

・『デモリションマン』(米・映画)
 ヘッドマウントディスプレイかぶってする「バーチャルセックス」が素敵です。
 最後のオチで「昔の方法でやろうぜ!」ってスタローンが言うシーンも大好きです。

・『トータルリコール』(米・映画)
 「バーチャルトリップ」や「真ん中から裂けるおばちゃんスーツ」もいいけど
 個人的にはなんか鼻の穴から発信機を取り出す(専用の器具で)やつが好きです。

・『マトリックス』(米・映画)
 「マトリックス」に入るとき、首の穴とイスのでっぱりをうまく合わせるのが
 最初はなんだかうまくいかなそうで、他の人に入れてもらったりするのかなぁ。
 あと冬になると静電気パチッてなりそうで怖い。

・『アニマトリックス セカンドルネッサンス パート2』(米・アニメ映画)
 人類がロボットとの戦争に負けた後、ヒューマンインターフェイス開発の研究
 のため、ロボットが人間の脳ミソをいじくり回してるシーンが鼻血でるほど好きです。

・『アヴァロン』(日・映画)
 要はオンラインゲーム専用のコンソールがなんかメカメカしい椅子と
 ヘッドマウントディスプレイというのが良いです。というより、ゲーム内でロストすると
 現実でも廃人っていう設定が好いです。

・『ロストチルドレン』(仏・映画)
 「一つ目狂団」が装着する、隠された真実を見るための変なメガネ。
 他人の頭とつないで視点を交換したりとか、変な使い方ができます。
 逆に言うと、変な使い方しかされていません。

・『ゼイリブ』(米・映画)
 この世の真実が見えるサングラス。宇宙人が作ったものなので立派なデジタル
 インターフェイスです。というか、フィルタリングされた世界から、そのフィルタを解除する
 ための機器なので、「電脳コイル」とは全く逆の機能のメガネですね。

・『キテレツ大百科』(日・TVアニメ)
 そういう意味では、奇天烈斎の残した本を読むためのメガネも、何らかのフィルタを
 外すためのインターフェイスなんではないでしょうか。アナログだけど。

・『それいけノンタック』(日・TVドラマ)
 そういうことなら、ノンタックのおでこのメガネも、真実を見通すための
 メガネという立派なインターフェイスかと。問題はデジタルかどうかなのですが。
 アナログだとしたら、魔法かなんかなのか。そもそもメガネは関係なく、
 ノンタック自身が自閉症か薬物依存症かどっちかなのではないでしょうか。
 他の人から見たら、冷蔵庫とかゴミばこに話しかけてるかわいそうな少年だし。

ちゃんと探してみれば、もっと「特別なメガネでなにか見る系」のインターフェイスはもっとたくさんあるかと思います。『ドラゴンボール』のスカウター的なものは亜流がいっぱいありそうだし。そういう「未来っぽいインターフェイスのまとめサイト」とかないかなぁ。


プロフィール

ぶどう(Budou)

  • Author:ぶどう(Budou)
  • Pen name:
     葡萄球菌(ぶどうきゅうきん)
    Handle name:
     Budou
    Twitter:
     budoukyukin
    Hobby:
     えいが、げーむ
    Works:
     げーむのお仕事



最近の記事



カテゴリー



Twitter

 



ブログ内検索



最近のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。